立憲民主党にストレス覚える人は日本共産党支持に回ればいい

立憲民主党の幹部連中が雁首そろえて伊勢神宮を参拝したそうで。
安倍首相も正月に伊勢神宮を参拝したそうです。
別に立憲民主党が安倍首相に秋波を送ったとはさすがに思いませんが、まあ参拝自体はガチのやらかしでしたね。
過去に日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」でも伊勢神宮の戦時中の政治的な役割に言及しており、政教分離の原則にも反すると明確に書いています。
私のtwitter(@griffithii186)では、立憲民主党の支持者とおぼしきアカウントが次々と抗議のツイートをしたのが流れてきました。

そのツイート群を読んでいて思ったのですが、それほどに皆さんが立憲民主党に幻滅しているのなら、この際日本共産党の支持に回った方がよくないですか? と。
共産党書記局長の小池晃はこの正月、近所の神社にお参りしたことをtwitterで報告しています。
当然、個人的な参拝です。
党首たる委員長の志位和夫は特にどこの神社にお参りしたかは明らかにされていませんが、参拝自体しなかった可能性が高いでしょう。
そんな志位和夫が、枝野幸男のように雁首引き連れて伊勢神宮を参拝する(枝野は慌てて地元の大宮に引き返す失笑ものの行動をしたようですが)なんてことは、まず天地がひっくり返ってもないでしょうね。
だから立憲民主党支持の皆さんは、幹部連中のやっていることにストレスためるくらいなら、共産党を支持する方がよっぽど体調にいいですよと言いたいのです。
そもそも立憲民主党は、一昨年の総選挙では、まぐれと共産党の候補者下ろしで「たまたま」躍進しただけの政党です。
地方選挙になれば、しれっと自公勢力と相乗りするような政党です。
ハッキリ言って、私はこの数年のうちに立憲民主党はなくなるだろうなとすら思っています。
だったら共産党支持に回って、共産党を市民と野党の共闘の要に押し上げた方が話早いんじゃねえのと考えます。
思想信条を超えて安倍政権を倒したい、自公と補完勢力を少数派に追い込みたいと願う人々には、ぜひその点を熟慮していただければ幸いに思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック