三宅弘城さん俳優人生最大の転機!(別に知人ではないが)

ステージナタリーの記事。
三宅さんと言えば舞台ファン的にはナイロン100℃、世間的には「あさが来た」の番頭役と言ったところか。

私が初めて三宅さんを見たのは今はなきCBCテレビの昼ドラ「しおり伝説」なのだが、「私も」というご同輩はおられるかな。
役柄はジャージ姿の酒屋さんだが、いわゆる「心の声」としてナレーションも務めた。
三宅さんは当時30歳ほどの若手だったが、えらいおいしいとこ取ってんなーと思っていた。

それから早20年。
三宅さんはいま人生で最大のスポットライトを浴びている…というのは失礼にあたるか。
演技で盟友クドカン、そして大河ドラマ「いだてん」を救うことはできるのか?
こうご期待である。
私はテレビ見ない生活しているけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック