『民主文学』2019年6月号

毎年恒例の「民主文学新人賞」第16回の受賞者を作品とともに発表している。
新人賞は大阪府在住の秋吉知弘(あきよし・ちひろ)さん39歳の小説「まんまんちゃん」。

ただ今号では深刻な話題もあった。
毎月行っている「支部誌・同人誌評」であるが、評者のたなかもとじ氏が冒頭で「今月は支部誌が一冊も届かなかった」と書いている。
「このコーナーが始まって以来、初めて」とも。
もともと支部誌の発行が少ない月らしいが。

商業文芸誌でこの手の同人誌評をやっているのってどこだっけ?
『文学界』だっけ?
確か1誌くらいしかないんだよね。
貴重な評論の場なので、ぜひとも今後は1冊も届かない月がないように改善してほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック