安倍首相「お父さんは恋人を誘って」街頭演説の一方で…

朝日新聞の記事はこちら
これ知ったときはまさに「開いた口がふさがらない」状態だったよ俺。
記事の最後にはこう書いてある。

首相は参院選が公示された4日以降、各地で行う街頭演説の最後に期日前投票に行くよう訴えている。「昔の恋人を探し出して(期日前投票に)連れていって欲しい」などの言い回しが定番で、口が滑った可能性もある。ただ、上越市内の演説ではその後、「お母さんは昔の恋人を探し出して」と続けている。

わざわざ「口が滑った可能性もある」て書いているけど、「民主党」の件もあわせてしょっちゅう言い間違いをしているのがマジなら、安倍は首相を続けちゃいけない人としか思わんけどね。
言い間違い以前に、こんなのに7年も首相やらせている問題もあるけどさ。

「お父さんは恋人」発言だが、そもそも自民党という政党は2002~03年、山崎拓幹事長(当時)が愛人問題を起こしたにもかかわらず、あえて彼を副総裁に起用した実績がある。
党内の風潮として「男性の不倫とか反社会的、反道徳行為は大目に見る」てのが根づいているんだろうな。
山崎と同時期に太田誠一ってのが、レイプするような男性を「元気がある」と称賛していたし。
安倍が演説で続けて言った「お母さんは昔の恋人を…」てところは「男性はいいが、女性の不倫は断じて許し難い」という認識が下敷きにあるのだろうね。
ミソジニーってやつか。
ミソジニスト政党自民党。

一方で安倍は、新潟での演説で憲法審査会に触れ、野党を「職場放棄」などと攻撃してみせた。
これは「しんぶん赤旗」17日付2面に掲載していたのを読んで知ったのだが、一般紙はどこまで報じているだろう。
安倍の問題発言は今回の参院選とみに多いが、彼は改憲を前面に掲げて主張しているわけで、こういう暴言もきちんと取り扱ってほしい。
ちなみに赤旗では「総理大臣の立場にありながら国会の改憲論議に指図するのは三権分立のルールに反する」と批判。
野党がルール違反しているように安倍はがなっているが、実はルール違反をしているのは安倍自身である。

この記事へのコメント