国民民主党執行部は玉木代表に厳正な処分を

参院選で市民と野党の共闘は改憲勢力に痛打を与えたが、一難去ってまた一難…どころか十難来たようなウンザリかげんがある。 国民民主党・玉木雄一郎代表がインターネット番組で安倍首相の改憲論議に前向き発言。 時事通信のニュースはこちら。 この玉木氏への批判は多くのアカウントの皆さんがされている。 私は一つ、国民民主党に提案をしたい。…
コメント:0

続きを読むread more

元秘書を「数百発」殴ったという自民党石崎徹衆院議員

FNNのニュースはこちら。 たまに用事で新潟に行くのだが、新潟駅を降りるとちょこちょここいつのポスターが張ってあるのよ。 石崎徹は直近の2017年総選挙では、新潟1区で立憲民主党の西村智奈美に敗れるが、比例で復活。 なのでこいつが暴行の責任を取って議員辞職しても、自民党は比例の繰り上げ当選があるので党勢に影響はしない。 だか…
コメント:0

続きを読むread more

自民党が参院で単独過半数を割るらしい

まだ開票途中だが、今回の参院選で自民党は非改選議席を含めた単独過半数を維持できなくなったという。 共同通信のニュースで報じており、リンクはこちら。 はっきり書いておくと、それって負けじゃんね自民党。 まだ開票の序盤で言ったことらしいが、安倍首相は読売新聞によると「改憲議論を進めろと国民のオッケーをもらった」的な世迷言をほざいと…
コメント:0

続きを読むread more

アニメ制作現場と日本共産党

18日に起きた京都アニメーションでの放火殺人事件。 犠牲者や治療中の被害者を思うと痛ましい限りで、言葉にしがたい思いがある。 共産党党首の志位和夫委員長が、twitterで事件についてコメントした。 それをなぜか「しらじらしい」とリプを付けるアカウントがいたので、私が彼にこうリプした。 「共産党は、アニメーターの職場環境の改…
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相「お父さんは恋人を誘って」街頭演説の一方で…

朝日新聞の記事はこちら。 これ知ったときはまさに「開いた口がふさがらない」状態だったよ俺。 記事の最後にはこう書いてある。 首相は参院選が公示された4日以降、各地で行う街頭演説の最後に期日前投票に行くよう訴えている。「昔の恋人を探し出して(期日前投票に)連れていって欲しい」などの言い回しが定番で、口が滑った可能性もある。ただ、…
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に「なつぞら」舞台モデルの労組登場

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版最新の7月14日号33面で、東映アニメーションの労働組合が取り上げられている。 同社は以前の「東映動画」で、言わずと知れた朝ドラ「なつぞら」でヒロイン広瀬すずが勤めるアニメ会社のモデルだ。 記事では、広瀬演じるヒロインのモデルと推測される女性アニメーターの草分け的存在、奥山玲子さんとともに…
コメント:0

続きを読むread more

『民主文学』8月号に少しだけ横田昌則さん

日本民主主義文学会発行の月刊誌『民主文学』は、巻末に活動ニュース(作者と読者の会など)を載せるページがある。 囲み記事として、会員が『民主文学』誌の購読者を広げた経験を約300字程度の短文で報告する「拡大経験から」てのが載せられている。 最新の8月号では、拙ブログでも以前に取り上げた横田昌則さんが登場。 民主文学新人賞作家であ…
コメント:0

続きを読むread more

立憲枝野氏を「侮辱」する安倍首相

朝日新聞の記事。 バカなことばかりしている安倍首相にはいちいち腹を立てないように心がけているが、これはひさびさに怒りを覚えた。 わざと枝野氏の所属政党を間違え、さらに弁解のていで「所属がころころ変わるから」とさらにあげつらう。 こんな発言は「侮辱」と表現するのがふさわしい。 またこんな記事を書いた朝日新聞にも腹が立つ。 …
コメント:0

続きを読むread more

日野美歌さんが「しんぶん赤旗」日曜版に登場

「しんぶん赤旗」日曜版、最新の7月7日号の7面に歌手の日野美歌さんが登場した。 お、スリーセブンだぜ。 これまで同紙の「ひと」に出演経験のある日野さんだが、今回は消費税増税問題のインタビュー。 「貧困の拡大に拍車をかける」として10%増税に反対するとともに、共産党に対しても「他の野党との共闘で、減税にまで切り込んだ政策を期待し…
コメント:0

続きを読むread more

松本善明さん

日本共産党の元衆院議員で、絵本作家いわさきちひろのパートナーであった松本善明氏が6月24日に亡くなった。 93歳。 ちひろが福井県武生市出身で、息子の猛氏(ちひろ美術館館長)が連載を持っていた福井新聞では結構詳細に訃報を伝えている。 既に多くの方々が故人をしのんでいる。 私はご本人に会ったことはもちろんないが、善明氏の著書で…
コメント:0

続きを読むread more