共産党が「野党連合政権構想」話し合いを呼びかけ

NHKのニュースで、8日夜の日本共産党創立97周年記念演説会が報じられていた。

共産党の志位委員長は、8日夜、東京都内で講演し、安倍政権に対じしていくためには、政策面の違いを留保してでも野党間の連携をさらに進める必要があるとして、次の衆議院選挙向けて、「野党連合政権」の構想を取りまとめるため、他党に協議を呼びかけたいという考えを示しました。

志位の演説はリアルタイムで聴いていたが「ここまで来たか」という感慨がある。
俺らしくないけど。
十数年前の中央委員会総会での志位の報告だったかな。
当時から自公政権を倒すために野党同士で共闘を…て声は少なからずあったんだけど、そんときの志位は「現実的に組める政党がいない」つっていたんだよね。
当時の民主党はおろか、社民党とも組める雰囲気がなかった。

今や社民党はもちろんのこと旧民主党の流れをくむ立憲民主党、国民民主党と国会内で共産党は共闘している。
そして演説会で志位はれいわ新選組を称賛し、連携を示唆していた。
いやはや、これぞ史的唯物論てやつだ。
もしくは弁証法。
てわけで官邸での結婚報告で安倍内閣支持率上げの使命を受けた小泉進次郎や、マツコ・デラックスに絡んで必死にネタをつなぐNHKから国民を守る党にはお引き取り願って、「野党連合政権」でガンガン世間の話題をさらうように頑張りましょう。

この記事へのコメント