議員も候補者も支援者も日当大好きやな自民党

河井克行法相が光の速さで大臣を辞めた原因となった、妻の河井案里参院議員(自民党、広島選挙区)に関する疑惑の問題。
もともと『週刊文春』が取り上げた特ダネで、10月31日付の「しんぶん赤旗」が後追いで報じました。
記事はこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-31/2019103115_02_1.html

何でも参院選で、案里氏の陣営の選挙アナウンサーに法定以上の額の日当を出していたらしい。
「しんぶん赤旗」ではこう紹介されています。

「選挙カーのアナウンサーの報酬上限は公選法で1日1万5000円とされていますが、同誌によると案里氏の選挙事務所は1日3万円を支給した疑いがあります。自民党県連関係者の証言として、アナウンサー側からの領収書を各2枚に分け、その一方を選挙管理委員会への提出用としていたと報じています」

いやあ、生々しいねえ。
日当と言えば、自民党を熱狂的に支持しておられるネトウヨの皆さんが左派を「日当もらって運動している」とよくおっしゃっています。
共産党の選挙活動に協力している者からすると、アナウンサーなんて当然無報酬でやるものとずっと思っていましたが。
実際は自民党の方で多額の日当を配っていて、また支援する皆さんも受け取っていたとは、いやはや…。

しかしtwitterを眺めると、この日当疑惑が野党で行われていたら口をきわめて批判しそうなアカウントが「上限の1万5000円は少なすぎる、3万円は妥当だ」と結構な数の方が書いていましてね。
これはこれで興味深い。
以前、与党を持ち上げる記事や野党を攻撃する記事をネットに上げたら1本につき80円だかの報酬がもらえる、なんて話がありませんでしたっけ。
そういうネット記事を書いている人たちが「もっとくれ」という抗議を込めて「日当3万円は妥当だ」と書いているのかもしれません。
だとしたら笑えますね、いややはり笑えないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント