森友問題ふたたび

きのう(18日)は花粉症の関係であまり体調が芳しくなかったのだが、思わず「うおお」と言いたくなるニュースを耳にした。
森友問題で、安倍晋三首相の国会答弁に端を発した公文書改ざん。
責任の一端をになったとされる近畿財務局の職員で、一昨年に自殺した男性の遺書が公開されたという。
時事通信の記事はこちら
遺書には、公文書改ざんが、すべて佐川宣寿理財局長(当時)の指示でやったことだと記されている。
男性の妻は、国と佐川氏の告訴に踏み切った。

国会では、森友問題の再検証チームを立ち上げた。
共産党委員長の志位和夫が、力を込めたツイートを発している。

shii2.PNG
(志位和夫のtwittterから)

かつて志位は森友・加計問題について「首相が辞めるまで追及する」とtwitterで宣言していた。
画像に上げたツイートからは、男性の告発を受けて安倍首相を辞めさせるためのたたかいに改めて踏み出すという決意を感じさせる。
森友問題追及の先頭に立ってきた宮本岳志、辰巳孝太郎の2氏がいま国会にいないのはまさに痛手としか言いようがないが、ぜひとも国会外から再検証チームに知恵や力を授けてほしいと思う次第だ。
首相を辞めるまで、安倍には絶対眠らせない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント