赤旗日曜版最新号に俳優の北村有起哉さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の6月28日号。
最終面の名物インタビュー企画「ひと」に、俳優の北村有起哉さんが登場しました。
今や名優・北村和夫さんの息子という但し書きが必要ないほどの売れっ子となった北村さん。
実は彼、1~2年に1度の頻度で、自身の出るドラマや映画や舞台の宣伝でインタビュー出演する「しんぶん赤旗」の常連俳優であります。

今回の「ひと」出演は7月9日~26日、東京・新国立劇場の舞台「願いがかなうぐつぐつカクテル」の宣伝。
ミヒャエル・エンデ原作のファンタジーで、北村さんの役は枢密魔法顧問官イルヴァイツァー…というといかめしい感じに見えますが、大塚武治記者の筆では「ドジな魔法使い」と書かれています。

同年代ということもあり、私にとって北村さんは好きな役者の一人です。
彼はテレビドラマだとトゲのある、エキセントリックな役柄の多いイメージですが「サイレント・プア」(NHKテレビ)で深田恭子に頼られる区の課長みたいな堅物の役も非常にはまるんですよね。
「願いがかなう…」の魔法使いは「世界を滅ぼす」という悪魔との契約を交わした、いわゆる悪人ではあるんですが、北村さんなら魅力的に演じてくれると思います。

さて、インタビューの終盤ではあの検察庁法改定案が話題に上ります。
実は北村さん、自身が「15年続けている」ブログで同法案への抗議を表明していたのですね。
そのブログ記事はこちら。→ https://lineblog.me/kitamura_yukiya/archives/2170673.html
記事中で北村さんは、日本アカデミー賞で3部門を受賞した出演映画「新聞記者」に触れ、今年2月に生まれた第2子に向け「いつか子どもが『おやじはこういう映画にも出てたんだ』と気づいてくれたら」と打ち明けました。
ぜひともこの記事を読んで興味を持たれた方は、最寄りの共産党事務所に問い合わせの上、赤旗日曜版を1部お買い上げしてほしいと願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント