赤旗にスーパーボランティア尾畠さん登場

先ほど時刻は午前0時を回り、7月15日と日付は変わった。
日本共産党の創立98周年記念日である。
おめでとうございます。

壮大な記念日にかかわらず記事の本題はいわゆる小ネタになりますが、ご容赦のほどを。
「しんぶん赤旗」日刊紙の7月14日付で、豪雨被害に遭った大分県日田市での共産党のボランティア活動の記事が載っている。
記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-07-14/2020071401_03_1.html
天ケ瀬温泉で日隈知重市議ら9人が2グループに分かれ、泥出しや清掃に従事。
そこで、あのスーパーボランティアの尾畠春夫さんと一緒に活動したというのだから驚きだ。
以下の赤字は本文の引用。

日隈氏ら5人は、スーパーボランティアの尾畠春夫さんや学生らとともに旅館床下に入り込んだ大量の土砂を土嚢(どのう)に詰めて外に出す作業をしました。

他のメディアの報道によると、大分県は尾畠さんの地元らしい。
さぞ日隈市議らは、いっそう身の引き締まった思いで泥出しをしたことだろう。
尾畠さんのコメントが記事中にないのは、個人的に残念ではあった。
しかしこれをきっかけに、ぜひとも尾畠さんには赤旗への「再登場」をお願いしたい次第である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント