そういや共産党の山下芳生はある意味「復帰」したよな

他人の病気(病歴)を揶揄するつもりはないので、安倍首相の体調に関する報道についてあれこれ書く気はしない。
ただ一つ思い出したことがある。
日本共産党の山下芳生副委員長のことだ。

山下氏は6年前に開かれた第26回党大会で書記局長に選出された。
しかし2年後、病気を理由に書記局長の任を解いて副委員長のポストに回った(新たに書記局長に就いたのは小池晃氏)。
そのことを書いた山下氏のブログの記事はこちら。→ https://www.yamashita-yoshiki.jp/column/column/1460381247.html

山下氏は当時、15年もの間、慢性の腎臓病を患っていた。
その症状が悪化し、透析の手前の状態に来たため志位和夫委員長とも相談し、書記局長を降りたという。
それから4年。
今年1月に開かれた第28回党大会で、山下氏は副委員長を続投することになった。
注目するのは、党大会では山下氏が書記局長と同等の役割を担って活動することがアナウンスされた。

小池氏とのダブル書記局長体制ってところか。
山下氏は事実上の「書記局長復帰」と言っても良いのではないか。
4年間、治療に専念できてかなり回復できたのだろうな。

そんなことを考えてみると、今の自民党って一体何なんだろうなと思わされる。
安倍首相は28日に体調の件を含めて記者会見するようだ。
体が深刻なようなら党三役ときっちり話し合いして、首相を降ろさせてもらって治療に専念しなさいよ。
そう私は言いたい。
山下氏のケースで共産党ができたことが、自民党にはできないんですかね。
自民党は、ちゃんとした方がいいぜ。
つっても、安倍氏が回復しても、首相に戻ってこなくて全然構わんからな。
森友加計桜、ジャパンライフによつばホールディングスと安倍氏が裁判で片付けにゃいかんこといっぱいあるからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント