日俳連役員の俳優・森崎めぐみさん

「しんぶん赤旗」8日付に、文化・芸能関係者、中小業者、フリーランスが新型コロナ危機で国会要請を行った記事が載っている。
記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-10-08/2020100808_01_1.html
記事では、日本俳優連合の森崎めぐみ国際事業部長がこのような発言をしたと書かれていた。
以下に抜粋。

日本俳優連合の森崎めぐみ国際事業部長は、2月以降の収入について、俳優・声優の8割が半減以下となっていると報告。雇用保険がないうえ、持続化給付金で65%、文化庁継続支援事業は6%しか受給できていないとし「『収入が途絶え、この先どう生きていけば良いかわからない』といった声があふれています。文化を守るため、国は支援を考えてほしい」と訴えました。

これまでも「しんぶん赤旗」紙上で文化・芸能関係者のコロナ禍での窮状は伝えられてきたが、改めて俳優・声優の8割が収入半減以下と聞くときついものがある。
私はテレビを見ない生活を送っているが、どうせこの国会要請はワイドショーじゃやっていないだろうな。
菅首相持ち上げや日本学術会議叩きなんぞ今すぐやめて、こういう取り組みを公共の電波で伝えることこそ必要じゃありませんかね。

「しんぶん赤旗」の記事を読んでみて、日俳連の森崎めぐみさんという名前に聞き覚えがあったので検索してみた。
1990年代に盛んだったVシネマによく出ていた俳優さんで、当時レンタルビデオ屋でよく見かけた名前だったことを思い出した。
このほどヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を取った黒沢清監督のコメディーVシネマ「ヤクザタクシー」では、森崎さんは、最近自公政権批判を精力的にしている豊原功補さんと共演している。
また主演映画「CHARON」は国際的にも高い評価を得ているとか。

災い転じて…なんて私が言うのはおこがましいが、森崎さんのようにコロナ禍で声を上げている文化・芸能関係者の仕事ぶりが改めて知られるようになってほしいと思う。
ちなみに日本共産党の吉良よし子参院議員は9月に日俳連や全商連などの関係者から実態を聞くレクを行い、森崎さんらと収まった写真をtwitterに上げていた。
URLはこちら。→ https://twitter.com/kirayoshiko/status/1305446385718718465
この吉良のツイートを森崎さんがリツイートしていて、共産党支持者としては「おお…」と感嘆の声を上げた次第である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント