維新がすんなり引き下がるわけもなく

最近、大阪の話ばかり記事にしてしまうが。
大阪市廃止を問う住民投票が反対多数となり、吉村洋文府知事などは「僕自身はもう都構想を持ち出さない」てな発言をしていた。
「僕自身は」に引っ掛かった部分もあるが、これを聞いた当初は(わりとあっさりした態度だな)と思った。
実際、私の周囲で大阪市存続に喜んだ人も同様の感想を持っていた。
もちろん、あの維新があっさり引き下がるなどと考えられなかったのだが。

嫌な予感は当たった。
しかし、こうも早く仕掛けてくるとはね。
引退宣言をしていた松井一郎市長が「都構想を否決されたときの対案」として、広域行政の権限を知事に移す「広域一元化」を条例として制定すべく、来年の2月議会に持ち出す予定だと表明した。
「しんぶん赤旗」6日付記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-11-06/2020110617_02_1.html

最初から維新の連中は、住民投票の結果に従うつもりなどさらさらなかったようだ。
どこまで市民を愚弄すれば気がすむのかね。
しかし大阪市を存続させる状態で、市の権限と財源を府に吸い上げるなんてやり口はもはや「都構想」関係ないんじゃないの。
そのへんの、維新の連中の「対案」とやらで浮かび上がる矛盾を突く取り組みを徹底させて、三たび大阪市つぶしの亡霊を葬り去るしかない。
それにしても、宮本百合子は生前の随筆だったと思うが「平和は眠りを許さない」て言葉を残していた。
本当にその通りだね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント