旭爪あかねさんの詩「こんなときこそ」

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」14日付は、ある種異色の紙面と言ってよかろう。 最終14面、昨年11月に亡くなられた作家・旭爪あかねさんの詩「こんなときこそ」を掲載している。 その全文は、赤旗の公式サイトで読むことができる。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2021-02-14/2021021414_01_0.html いつ書かれた詩なのかは不詳であるが、詩の内容から察するに、おそらく昨年4月に発令した新型コロナの緊急事態宣言のさなかに書かれたのではとみている。 読む側としては「旭爪さんが亡くなる数カ月前の作品か…」と身構えてしまったが、その筆致はむちゃむちゃ生命力があるんだよね。 新型コロナの感染拡大という未曽有(みぞう)の事態においても、市民が声を上げて少しずつでも政治は前に動いてきた。 だから病床にある私も希望を持って生きてみせる…そういう揺るぎない決意が詩の一片一片から伝わってくる。 読み返してみて、旭爪さんがこの世を去ったことをにわかに疑ってしまう自分がいた。 でも現実は、旭爪さんはもういない。 そのことをかみしめて、改めて社会を変える一員であらねばならない…そう思っている。 「こんなときこそ」は、茨木のり子の詩「六月」が引用されている。 民主文学を代表する小説家として名を残した旭爪さんだが、詩人である茨木に惜しみないリスペクトが随所にちりばめられている。 そうした要素も含めて、素人考えで非常に恐縮だが「こんなと…

続きを読む