赤旗日曜版に土井善晴さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の最新号3月14日号に、料理研究家の土井善晴さんが登場した。
政治学者・中島岳志氏との対談本『料理と利他』(ミシマ社)の宣伝でインタビュー出演し「料理を哲学する」ことへの持論を語っている。
土井先生と言えば「一汁一菜」を提案していることで有名だが、その極意を改めて詳細に述べているのも、今回のインタビューの魅力であろう。
ぜひとも興味のわいた方は、日曜版の現物を購読して堪能してほしい。

個人的に土井先生は現在、日本で一番著名な料理評論家だと思う。
レギュラー放送は終了したが、バラエティー番組「着信御礼!ケータイ大喜利」(NHKテレビ)にも複数回ゲスト出演し、その優しくて理知的な人柄は多くの人が知るところである。
共産党支持者の私は「土井先生、いつか赤旗に出ないかな…」と考えることがしばしばあったが、今回それが叶って、うれしいというより驚きの方が先に来ている。

まあ「しんぶん赤旗」って、昔から著名な料理研究家が出演していたからね。
村上昭子さん、小林カツ代さん、杵島直美さん、森野熊八さんなどなど。
土井先生も、そうした赤旗の「実績」に信頼するものがあったから、インタビューに応じてくれたのかなと考えている。
つながりができたということで、今後はぜひ土井先生に赤旗日曜版最終面の料理記事連載「きょうの一品」にもご登場願いたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント