『民主文学』で旭爪あかね追悼特集

『民主文学』最新の5月号にて、昨年11月に死去した旭爪あかねの追悼特集が組まれた。 そのトップを切った吉開那津子のエッセー。 吉開が担当した「創作専科」の一生徒だった旭爪は、かなりの急ごしらえで50枚ほどの小説「屋根の上に」を提出した。 作品について吉開は以下のように述懐している。 「それはいかにも急拵えの作品らしく語彙の選択も適切ではなく、文章の起伏も乱れ勝ちであった。だが、私はこの作品の主題の現代性に、圧倒されていた」 このくだりを読んで思い出したのは、ジャンルが違うが国民的漫画となった「鬼滅の刃」を生み出した吾峠呼世晴氏のことである。 吾峠氏は漫画家デビュー前、集英社の漫画賞に短編「過狩り狩り」を投稿した。 この作品は受賞にこそかからなかったものの、その作品の世界観に編集部がざわついたという。 そして吾峠氏が「過狩り狩り」に改良を加えて初の連載作品として世に出したのが「鬼滅の刃」だ。 旭爪も紆余曲折を経て「屋根の上に」を改稿し「世界の色をつかまえに」という中編に仕上げた。 宮本阿伎氏によれば、同作品は日本で初めて「ひきこもり」を主題にした小説ではないかと論じられている。 創作への想像を絶する苦闘を経て文学史、あるいは漫画史のエポックメーキングとなりうる作品を生み出した。 その一点において、旭爪と吾峠氏とに共通点がみられるのではないか…というのは、うがちすぎにも程があろうか。 旭爪の追悼特集には、横田昌則が短いエッセーを寄せている。 横田については、過去にこ…

続きを読む