安倍氏に「お疲れさま」はまだ早かろう

28日、安倍晋三氏が首相の辞任を表明した。
病気については回復を願うが、先の通常国会で検察庁法改定案が市民の声で廃案に追い込まれた。
このこと自体が安倍首相にとって、首相を続けるモチベーションが下がり切ってしまったんだろうなとみている。

あとはtwitter(@sledgekawasaki)でも書いたことだが、こちらでも。
安倍首相に「お疲れさま」を言うべきだのなんだのという件。
私は、今は言わんでええやろという立場である。

安倍氏は首相を持しても国会議員を続けるという。
彼は首相時代、当事者として多くの事件にかかわってきた。
森友学園、加計学園、桜を見る会、河井事件、ジャパンライフ、よつばホールディングス。
今後、安倍氏は国会の場でこれらの事件の全容解明に責任を果たさねばならない。

「桜を見る会」の問題で安倍氏は公職選挙法違反、政治資金規正法違反の疑いがかかっている。
もしクロとなれば当然、議員を持して司法のもとに裁かれなければならない。
安倍氏がそういう状態になってから「お疲れさま」を言っても、何ら遅くはないだろう。

"安倍氏に「お疲れさま」はまだ早かろう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント