赤旗日曜版リレーコラム「風の色」日野美歌さんの回

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の7月12日号。 7月上旬の九州豪雨水害による熊本県内の生々しい被災状況について、現地取材団が共産党の調査活動も交えてルポをしている。 しかし今号で印象に強く残ったのは、女性著名人が週替わりで執筆するリレーコラム「風の色」。 今号の執筆者は歌手の日野美歌さんで、自身の名前について触…
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党創立98周年を前に

6日後に日本共産党は創立98周年の記念日を迎える。 非常に感慨深い。 私が共産党の人たちと交流を深めるようになったのは大学入学後のことで、当時、共産党は創立70年を超えたことを誇らしげに宣伝していた。 一方、当時は新党ブームで非自民連立政権が誕生し、日本共産党はソ連崩壊で党運営にとばっちりの大打撃を受けていた上、国会でも非自民の与…
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版であさのあつこ新連載小説

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版最新号の7月5日号。 児童作家・あさのあつこ氏の連載小説「彼女の物語」がスタートした。 あさの氏は赤旗日曜版の小説欄では過去に「グラウンドの空」などを執筆しており、おなじみの執筆者と言ってよいだろう。 絵と題字は佐々木こづえ氏が担当。 人口は100万をわずかに超える県庁所在地の都市が物…
コメント:0

続きを読むread more

「階級闘争」の文言さえも知らないネトウヨ

きのう、ほぼ偶然ではあるが日本共産党の山下芳生副委員長のtwitterにクソリプを投げているアカウントを見かけて、私は以下のようにメンションを飛ばしてみた。 (twitterから) twitterでも私の見解を書いたが、なぜか @nikkou_sukezane 氏のように「共産党にとって不破哲三の豪邸の件はタブーですよね…
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版最新号に俳優の北村有起哉さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の6月28日号。 最終面の名物インタビュー企画「ひと」に、俳優の北村有起哉さんが登場しました。 今や名優・北村和夫さんの息子という但し書きが必要ないほどの売れっ子となった北村さん。 実は彼、1~2年に1度の頻度で、自身の出るドラマや映画や舞台の宣伝でインタビュー出演する「しんぶん赤旗」…
コメント:0

続きを読むread more

ネトウヨさん絶賛ダンマリ中の北方領土問題を共産党が国会で追及

「しんぶん赤旗」23日付から。 日本共産党の紙智子参院議員が19日の参院沖縄北方特別委員会で、ロシアとの北方領土交渉について質問した記事が載っていた。 記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-23/2020062304_05_0.html 以下の赤字は引用。…
コメント:0

続きを読むread more

#宇都宮けんじさんを都知事にしよう

東京都知事選挙が始まった。 各種世論調査では(なかには毎日新聞のような人気投票レベルの調査内容で法に抵触する指摘のあるやつもあるが)、大方の予想通り、現職の小池百合子氏がリードしている。 それ自体は予想していたことであるし、前回の都知事選は鳥越俊太郎氏が序盤の世論調査でリードしながら、ふたを開ければ小池氏がまくって圧勝したという「前…
コメント:0

続きを読むread more

通常国会が閉じられました

きのう17日で通常国会が閉会した。 そして今夜6時に安倍首相が記者会見。 昼には河井夫妻がパクられたこともあり、私のtwitterのタイムライン上では「お、今度こそ辞任会見か?」という期待の声が少なくなかった。 そうした期待を抱いた皆さんには悪いが、相手があれだからな。 案の定、会見は自分の手柄のように「コロナ第1波を抑えた」と…
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版で木村花選手の事件を特集

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の6月14日号。 32・33面の見開き特集で、リアリティーショー番組「テラスハウス」出演者でプロレスラーの木村花選手が自殺した件を取り上げていた。 #KuToo呼びかけ人で俳優の石川優実さん、弁護士の太田啓子さんと佐々木亮さんが登場し、それぞれ見解を述べている。 石川さんは木村さん…
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相はマジで断腸して横田滋さんに詫びれよ

北朝鮮による拉致被害者である横田めぐみさんの父親・横田滋さんが亡くなった。 87歳。 ここ数年は体調を悪くし、地元の集会にも出られない状況があると聞いていた。 娘さんとの再会という志半ばでの死は、まさに無念と表現するほかはあるまい。 安倍晋三首相は横田滋さんの訃報に接して「断腸の思い」だと語ったようだが、だったらマジでおまえ…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーインパルスと普天間米軍

5月28日の航空自衛隊ブルーインパルスの編隊飛行の件。 「しんぶん赤旗」31日付では2面の囲み記事で「賛否両論」と報じていた。 竹下岳記者の署名。 記事では医療従事者への感謝をうたった編隊飛行は5月前半に行った米軍の「アメリカ・ストロング作戦」の模倣であること、例の屋上に集まっていた医療関係者は自衛隊中央病院の職員であることを指摘…
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に俳優・古舘寛治さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の5月31日号。 渡辺えりさん(日本劇作家協会会長)と小泉今日子さん(企画・制作会社明後日代表取締役)のオンライン対談が話題となっている今号だが、最終36面のインタビュー企画「ひと」には俳優の古舘寛治さんが登場した。 映画にドラマに出演作品の多い彼だが、紙面では「ツイッターで政治的発…
コメント:0

続きを読むread more

「匿名」とともに「実名」での誹謗中傷も同等に批判されるべし

プロレスラー・木村花選手の突然の死は日本ならず世界を駆け巡った。 改めて故人のご冥福を祈ります。 木村選手は世界でも有名なリアリティーショーの番組に出演し、それを契機に1日100件レベルの誹謗中傷を受けていたことがクローズアップされている。 SNS上の誹謗中傷に対する法規制の抜本的な改善には与野党の政治家も口をそろえて賛同して…
コメント:0

続きを読むread more

さて安倍内閣支持率を森喜朗並みにしよう

きのう23日、首都東京都の新型コロナウイルス新規感染者数は2人と報じられた。 日曜月曜あたりで「1日の感染者数ゼロ」を達成し、首都圏も緊急事態宣言解除という動きがみられるかもしれない。 そうなれば安倍首相もドヤ顔をしたくなるだろうが、そこへ冷水を思い切りぶっかけたのが毎日新聞の報道である。→ https://mainichi.jp/…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと雑感ふうに検察庁法改定案と東京都知事選の話

ブログ更新の間が空いてしまいました。 国会が動きましたね。 検察庁法改定案、政府・与党が今国会での採決を断念。 きのうの「しんぶん赤旗」5月20日付1面トップの見出しは書記局長志位和夫の発言から取った「民主主義の底力を示した」でした。 この見出しにはtwitter上で共感の声が多かったようです。 見出ししか見かけていませんが、…
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に「ぴあ」小林取締役

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」最新の5月17日号。 今週は検察庁法改正案関係で国会が大荒れし、今週号の赤旗日曜版も1面トップからその問題で特集を組んでいる。 同じく1面からインタビュー出演したのがチケット販売最大手の「ぴあ」取締役の小林覚氏だ。 テーマは新型コロナウイルス対策としてのライブ・エンタメ業界への補償問題。 このブ…
コメント:0

続きを読むread more

「#YouTuber小池晃vs山添拓」を見る

1日遅れとなって恐縮だが、日本共産党が誇る#YouTuber小池晃のチャンネルを視聴した。 #YouTuber小池晃こと共産党書記局長の小池晃は「山添拓に何でも聞こう」という触れ込みで山添拓衆院議員をゲストに招き、まさに喫緊の課題となっている検察庁法改正案についてみっちり語り合っていた。 チャンネルのURLはこちら。→ https:…
コメント:0

続きを読むread more

第17回民主文学新人賞発表

定期購読している『民主文学』(日本民主主義文学会編集・発行)の6月号が自宅に届いた。 毎年恒例の民主文学新人賞、この第17回の受賞作品が掲載されている。 新人賞は75歳の元国語教師・宮腰信久氏の小説「孤高の人」。 佳作は中寛信氏の小説「病院で掃除のアルバイトをするということ」だった。 文芸評論、戯曲で最終候補に残った作品はなかっ…
コメント:0

続きを読むread more

YouTuberデビューした共産党・尾崎りいち東大和市議

2020年5月、1人の日本共産党議員がYouTuberデビューした。 と、何か雰囲気のある書き出しをして恐縮であるが、その人は東京都東大和市の尾崎りいち(利一)市議である。 4期目で、配偶者は同じく共産党の尾崎あや子都議だ。 共産党は夫婦そろって議員やって、市民の声を聞きに奔走していますってケースが少なくない。 先ほど妊娠を発表…
コメント:0

続きを読むread more