映画「長いお別れ」の「しんぶん赤旗」読者独占試写会

またしても「しんぶん赤旗」日曜版を取り上げる記事で恐縮だが。 直木賞作家中島京子原作で、認知症の父親と家族のありようを描いた映画「長いお別れ」(中野量太監督)が公開中である。 この公開に先駆けて、東京都内で日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」読者を対象にした独占試写会が行われていた。 6月16日号の赤旗日曜版で、その詳細が記事になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に元男闘呼組の高橋和也さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」最新の6月16日号、看板企画の「ひと」に高橋和也さんが登場した。 俺の記憶では、同コーナーに高橋さんが載るのは2回目じゃないかな。 6月28日公開の映画「新聞記者」の宣伝。 その文脈で高橋さんは「勇気のある映画です。昔は山本薩夫監督のような社会派の巨匠がたくさんいました」と語っている。 山本…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

香港市民に連帯のデモ行動

きのう東京でやったとかで、しんぶん赤旗も報じている。 参加者は300人ほど。 呼びかけたのは沖縄県民投票でも先頭に立った元山さん。 なぜかネトウヨ界隈では「左派は香港デモの制圧にダンマリ」などと謎の主張をしていた。 今回のようにデモをやったらやったで「中国大使館前でやれ」と見本のようなクソリプ。 ほんと、ネトウヨって同じよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「記事っぽい広告」な気がする #自民党2019×ViVi

波紋を広げた講談社のファッション雑誌『ViVi』の #自民党2019 キャンペーン。 ハフポストの記事で、講談社の広報は取材に対し「政治的な背景や意図はない」と言い切っている。 この言い草にもネット上では批判が集まったが、当のコメントは以下の通りである。 このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本民主主義文学会第28回大会

定期購読している『民主文学』の最新7月号で、5月11・12日に千葉市で開かれた日本民主主義文学会(民主文学会)の第28回大会が特集された。 報告などをつらつら読んでいる。 最終日には文学会の役員選挙が行われ50人の幹事が選出され、さらに19人の常任幹事が選ばれている。 前期まで常任幹事だった横田昌則氏が退任した。 理由は拙ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版で ねじめ正一さん連載小説開始

最新の「しんぶん赤旗」日曜版6月9日号に「泣き虫先生」第1回を掲載している。 俺的に、ねじめさんと言えば緒方直人のデビュー作(主演)としてテレビドラマ化された「高円寺純情商店街」のイメージ。 「高円寺―」は直木賞受賞作品ね。 あとはこの人、昔は熱狂的な巨人ファンおよび長嶋茂雄ファンだったはずだが、Wikipediaを読むと最近は巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の手先はどちら?

6月4日は天安門事件30周年の日だったが。 当日付の時事通信のニュースはこちら。 政府および与党サイドのコメントを抜粋すると、おのおのしゃべっている内容はこんな感じ。 河野太郎外相は4日の記者会見で、事件への見解を問われたのに対し、「自由、基本的人権、法の支配は国際的に共有されるべき価値観だ」などと一般論を述べるにとどめ、「政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子殺しの熊澤英昭容疑者は忖度されている気がする

息子を殺した熊澤英昭容疑者の事件だが、どうも報道のトーンに違和感を覚える。 俺はテレビを見ない生活を送っているが、橋下徹がワイドショーで「自分も同じことをするかも」的なコメントをしたらしいな。 どうもネットを見ている限り、容疑者に同情をするような報道が優勢に思える。 熊澤容疑者は、小泉自公政権時代の農水事務次官にまで上り詰めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕨市長選・市議選…よりたか氏4選&日本共産党4人全員当選!

5月26日告示、6月2日投票の埼玉県蕨市長選と市議選(定数18)。 全国唯一の共産党員市長と言われる現職よりたか英雄氏が、見事に4選を果たした。 あわせて行われた市議選でも、与党である共産党の候補は4人が全員当選を果たし、現有議席を確保した。 とにかく良かった。 2月の長野県御代田町長選では、よりたか氏と同じく共産党員首長だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブ版「サラメシ」に共産党田村貴昭衆院議員

中井貴一のやたらハイテンションなナレーションが耳に残るNHKのお昼のバラエティー番組「サラメシ」。 これのウェブ版として「永田町・霞が関のサラメシ」てのがあって、最新回に日本共産党の田村貴昭衆院議員が登場した。 ページはこちら。 田村議員本人がtwitter等で告知していたが「何で田村さんなんだろ」と思っていたところ、なんでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎登戸の事件で安倍首相はもっと大局的な視点を持てよ

のっけから脱線して申し訳ないが、俺のハンドルネーム「スレッジ川崎」の件。 名前の由来だが、別に私自身が川崎市にゆかりがあるわけではない。 しかし川崎市の登戸で起きた殺傷事件を知って、さすがにつらいものがあった。 この殺傷事件について、安倍首相は哀悼のコメントをトランプ大統領に先に言われてしまうという大失態を演じている。 さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友問題もしっかり蒸し返しておこう

日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」5月26日付の記事から。 籠池氏が、市民団体主催の集会で改めて、土地値引きの根拠にされていた「ごみ」は「なかった」と証言したという話。 安倍首相はこの間、「国賓」のトランプとゴルフやったり大相撲観戦したり炉端焼き食ったり。 まるで己が好感度1位タレントになったかのように振る舞っているが、依然とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「願っていません」をしっかり蒸し返す首相官邸

首相官邸のtwitterアカウント(@kantei)が、突然こんな連続ツイートを投下した。 こちらは連続ツイートの1本目。→ https://twitter.com/kantei/status/1131886693542313984 内容は「退位礼正殿の儀」での安倍晋三首相の読み間違いについてである。 これには、リアルタイムではス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相のやることって生産性ないよね

彼の手下の杉田水脈がよく差別の文脈で言っていることだけど。 安倍晋三首相が公邸に大泉洋と高畑充希を呼び出してメシを食ったという。 タイトルに書いたのはそれな。 安倍首相が年末に大泉、高畑両氏の出演映画「こんな夜更けにバナナかよ」を観賞したことはこのブログでも書いた。 そこで紹介したことだが「こんな夜更けに―」の作品の舞台とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「闘う弁護士」とは

twitter(@sledgekawasaki)のTLに流れてきた情報だが、どうも『週刊金曜日』の最新号で亀石倫子弁護士を大特集したようだな。 亀石氏は立憲民主党公認の参院大阪選挙区予定候補者。 表紙の画像を見ると、亀石氏のスナップ写真がバーンと載っている。 いいのかね、いち雑誌がここまで特定政党の国政候補に肩入れして。 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」に連載小説を載せた横田昌則さんが宝塚市議に!

先月の統一地方選の話。 新潮新人賞作家の浅尾大輔氏がこのほど「しんぶん赤旗」にエッセーを寄稿した。 妻であるもとこ氏が、愛知県東栄町議選に立候補し、下馬評を覆して見事に当選したたかいを振り返っている。 浅尾氏はそのエッセーをブログで告知したが、コメント欄で次のようなやりとりをしていた。 1. 横田昌則 2019年05月15日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見城徹

見城徹が津原泰水に意趣返しして謝罪に追い込まれたというニュース。 この見城の名前はずーっと昔から見覚え、聞き覚えがあったりする。 たぶん少年時代に書店で『月刊カドカワ』を見かけたせいだろう。 表紙に尾崎豊の写真が載っていて、「尾崎豊〇万字インタビュー」て見出しがついていて、その聞き手として見城の名前がクレジットされていたと記憶して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党にもタレント議員はいる…久保みき・さいたま市議

参院選が近づく。 昔から参院選はタレント候補がよく出てくるイメージがある。 古くは横山ノック、青島幸男、立川談志。 今回は貴乃花が自民党から声をかけられているという情報もあるが、どうなるやら。 日本共産党は勢力が小さいこともあり、あまりタレント議員(候補者)がいるイメージがわかないが、実際はそうでもない。 衆院大阪12区補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相を揶揄して役作りしても何も問題なくね?

映画「空母いぶき」で首相役を演じる佐藤浩市が叩かれている件について。 百田尚樹らの「批判」を言いがかりと喝破するリテラの記事はこちら。 私としてはリテラの反論記事に同意し、その上で言いたいことがある。 もし佐藤氏が百田を筆頭とする連中の言う通りに安倍晋三首相を揶揄する役作りをしたとしても、それは全く問題ないんじゃないのと思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当て逃げ身代わり出頭の自民党兵庫県議谷口俊介さん

5月10日のMBSニュースはこちら。 選挙中にやらかしたみたいです。 選挙期間中の車絡みの話と言えば、杉並区議選に当選した日本共産党野垣あきこ氏の選挙カーが駐車違反していた! とまるで戦後最悪の凶悪犯罪を犯したかのように騒ぎ立てている連中がいますよね。 そんな彼らですが、当て逃げを起こしていながら親族に身代わり出頭をさせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more