東北新社とジャパンライフ

菅義偉首相の息子さんが東北新社とよろしくズブッていたという件での、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」8日付記事。 URLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2021-02-08/2021020802_03_1.html 菅首相は通常国会にて息子氏とは「別人格」だと無関係を強調していたが、上記の赤旗記事の最後の一文でこうある。 しかし、長男は首相が総務相時代、総務大臣秘書官を務め、今は創業者親子が首相に献金するなど関係の深い企業に勤務しています。 大臣である父親の秘書官を息子が務める。 この関係ってどっかで聞いたことあるなと思えば、それこそ首相の前任者である安倍晋三氏だ。 あの人、おとっつあんの晋太郎氏が外務大臣やっていたとき秘書を担当していましたね。 ほんで父親について訪米した際、一緒のメンバーにいたのが当時のジャパンライフ会長。 晋三氏とジャパンライフ会長は、その後「桜を見る会」まで長く続く関係をお持ちでしたな。 いやあ、菅首相の息子氏と東北新社の関係にそっくりだわ。 しかしあれだな。 世襲政治家でない点は菅首相が安倍晋三氏と違うというアピールポイントだったと思うが、少し調べれば「そういう点」まで継承していたというね。 まあ自民党所属すっとね。 朱に交われば…てやつでしょうか。 とりあえず菅首相を「たたき上げ」だと持ち上げたメディアは悔い改めてください。

続きを読む

核兵器禁止条約発効までマジック1

日本プロ野球界は両リーグとも優勝間近の状況ですが、こちらもマジック1となりました。 核兵器禁止条約が発効要件を満たす50カ国まで、あと1カ国の署名というところまで来ました。 NHKの記事はこちら。→ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201024/k10012678621000.html ジャマイカとナウル共和国が署名し、合計49カ国に。 私は浅学なもんで、今回ラウルて国があると初めて知った次第です。 ラウルは太平洋の小さな島国で、軍隊を持っていない国(国防はオーストラリアに依存)。 そう聞くと何だか日本と共通点が多いように感じますが、先の大戦でナウルは旧日本軍に占領された歴史があります。 そこら辺を踏まえると、発効要件を満たす50カ国目の署名にはまさに被爆国の日本がふさわしい気がしてきますね。 現実には、菅政権からは署名のしょの字も気配がありません。 ようそんなんで「スピード感」だの「前例を踏襲しない」だのと言えるよなあと。 しょうがねえから次の総選挙で政権交代して、改めて条約に署名する、および条約発効に合わせて核兵器に依存した軍事戦略を放棄する野党連合政権をつくろう。 その結論に至るわけです。

続きを読む

『政治家の覚悟』て本でごっそり「前言撤回」する菅首相

菅義偉首相が2012年に刊行した著書『政治家の覚悟』の新書版が、きょう20日発売らしい。 新書版刊行に際して、公文書について書いた部分を章ごとごっそり削除したという。 その件を取り上げた毎日新聞の記事はこちら。→ https://mainichi.jp/articles/20201019/k00/00m/040/269000c 「毎日」は記事中でこのように触れている。 菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを批判し、「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」などと断じていた。 いやあ、みごとな超特大ブーメランですね。 削除したところで、自身が公文書の重要性を説いた事実は変わらないだろうに。 こんな芸当をする政治家が口にする「覚悟」ってのは、まあろくなもんでないだろう。 自分の発言に責任を持つ「覚悟」は全くなく、学術会議の件みたく気に入らない人間を排除する「覚悟」におのれの権力を全振り、みたいな。 そんなわけで、こういう首相が居座る政権を次の総選挙でさっさと終わらせてしまおう。

続きを読む

赤旗日曜版に赤川次郎氏インタビュー

「桜を見る会」報道でJCJ大賞の授賞式に山本豊彦編集長らが出席して以降、初めて発行した「しんぶん赤旗」10月18日号。 2面に授賞式の様子が報じられているが、隣の3面に作家の赤川次郎氏がインタビュー出演していた。 赤川氏と言えばこの夏、赤旗日曜版に掌編小説「さよなら」を掲載した。 それについて書いた私のブログ記事はこちら。→ https://standingah19.at.webry.info/202008/article_4.html 「さよなら」は原稿用紙4枚ほどの作品だったが、星の数ほどの小説を世に送り出した赤川氏でもかなり大変だったらしい。 しかし赤川氏が影響を受けたという中学時代の担任が「よかった」とメールを送ってきたと、うれしそうに語っている。 それにしても72歳の赤川氏の中学時代の担任となると、新卒だと推測しても80歳以上か。 さぞ赤川作品に出てくるような、バイタリティーあふれる高齢者なんだろうな。 赤川氏は内閣発足後1カ月の菅義偉首相にもチクリと入れている。 パンケーキ報道にもうんざりしたようだが、菅氏が官房長官時代に望月衣塑子・東京新聞記者の質問を妨害していたことを「いじめ」だとキッパリやっていた。 「あんなことやって恥ずかしくないのか」とまで話している。 ほんとあの「ご指摘は当たらない」てのは、首相になってからの学術会議問題とか、代表インタビューなどのマスコミコントロールと地続きだよな。 コロナ禍においても7~8本の連載を抱えて、今なお健筆を…

続きを読む

菅内閣支持率好調を伝えるTBSの記事だが…

TBSが伝えた、JNNの世論調査の記事。 URLはコチラ。→ https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4094243.html 菅内閣の支持率が70%を超え、好調を維持している。 そらあマスコミ総出で政権持ち上げしまくってっからな…と最初に私は思ったが、特集ページを読むと非常に興味深いデータが出ているのが分かった。 特集ページのURLはコチラ。→ https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20201003/q1-1.html 今回の調査ではじき出した支持率は「非常に支持できる」「どちらかといえば支持」の合計の数値である。 そのうち「非常に支持できる」は、実は11%程度にすぎない。 これほどマスコミ総出で持ち上げまくっても、その程度の数字なんだな。 自民党支持者も菅内閣には大して入れ込んでいないってことか。 TBSは記事にするならこの点を書いておくべきだったろ。 パンケーキという名の鼻薬をかがされて書かなかったのかね。 JNNの調査そのものにも言いたいことがある。 なぜ杉田水脈についての質問を設けていなかったのかね。 まさかJNN的にあの問題は、すんだことにしているわけじゃなかろうな。 そういう腹立たしさはあるが、「非常に支持できる」が11%だったという点は今後、菅内閣をどう攻めるかでポイントになりうる。 野党勢力は、今回の世論調査を十分に分析して、国会追及に…

続きを読む

改めて菅氏ってしょぼくれたオッサンやな

自民党の新総裁が大方の予想通り、菅義偉氏に決まった。 おそらく国会の首相指名選挙で新首相に選出される。 14日午後6時の記者会見。 私は居残った職場のテレビで見ていたのだが、あらためて菅氏ってしょぼくれたオッサンやなーと思った。 顔つきは暗いし、口調はたどたどしい。 実際にこの人の街頭演説を生で聞いたことがある。 たいていの国会議員なら党派問わずに、演説ではここが盛り上がるポイントですよ」ってところで力を込めて訴えるのだが、菅氏にはそういう強弱の引き出しも1回聞いた限りでは、なかった。 普段テレビを見ない生活をしているが、よっぽど総裁選報道でゲタを履かしてもらったのだろうな。 私は反自公政権のスタンスを取り続けている人間だが、その立場から見ても「この人を総裁(首相)にして、自民党は解散・総選挙勝つつもりあるんかね」と不安になってくる。 会見の調子で選挙演説しても、周りの候補者やスタッフは士気が上がらんのと違うか。 まさか選挙カーの上でパンケーキを食うわけにもいかないだろう。 ただし自民党の選挙での組織力はダントツレベル。 頭が誰であれ、マスコミに「野党がだらしない」とでも書かせれば十分圧勝できると踏んでいてもおかしくはない。 当然そうはさせない。 市民と野党の共闘の進化で、安倍政治の継承にはきちんと総選挙でノーを叩き込ませてもらう。 安倍晋三氏もろとも、菅氏には国会の表舞台から転げ落ちていただこう。

続きを読む

「お花畑」とは安倍政権の頭の中身を言うのでは…

中東危機が勃発したさなかでの自衛隊の派遣。 官房長官の菅義偉は「心配していない」とテレビ番組でのたもうたらしい。 朝日新聞の記事はこちら。 俺らのような憲法を守れと言っている人間に対して「お花畑」とか揶揄(やゆ)してくる連中は多いけどさ。 本当に脳みそが「お花畑」なのは、安倍晋三や菅のような自公政権の連中ではないかね。 「橋渡し」役を自負しておいて、自衛隊員の命をもてあそぶようなまねは絶対に許されない。

続きを読む