テーマ:日本国憲法

三浦春馬さん、麻生パーティー、富士見市長選

三浦春馬さんが亡くなった。 30歳。 子役出身の彼に「さわやかな二枚目青年」のイメージを持っていたが、難病を抱える役に挑んだ「君といた時間」(フジ系)やエキセントリックな演技の「オトナ高校」(朝日系)など、近年は役柄の幅を広げていた印象がある。 突然の訃報を聞き、本当に残念な思いがした。 ご冥福を祈ります。 自民党の麻生太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2週間でピークアウト」の意味

7日の安倍晋三首相による緊急事態宣言が行われた記者会見。 「責任を取ればいいとは思っていない」とかいうバカげた発言もあったが、個人的に気になったのは次の発言である。 参考までに日経新聞の記事→ https://jp.reuters.com/article/emergency-japam-idJPKBN21P13V 安倍首相は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党の井野俊郎が力不足だった件

10日の衆院予算委員会。 自民党の井野俊郎衆院議員が、やおらに「共産党は改憲派」と言いだした件。 これに共産党の機関紙「しんぶん赤旗」11日付2面のコラム「国会発」では「暴論」とバッサリやった。 共産党は綱領で「現行憲法の前文をふくむ全条項」を守ると言っているわけだから当然なわけだが、井野がアホなのはおのれが所属する自民党を「第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民民主党執行部は玉木代表に厳正な処分を

参院選で市民と野党の共闘は改憲勢力に痛打を与えたが、一難去ってまた一難…どころか十難来たようなウンザリかげんがある。 国民民主党・玉木雄一郎代表がインターネット番組で安倍首相の改憲論議に前向き発言。 時事通信のニュースはこちら。 この玉木氏への批判は多くのアカウントの皆さんがされている。 私は一つ、国民民主党に提案をしたい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党が参院で単独過半数を割るらしい

まだ開票途中だが、今回の参院選で自民党は非改選議席を含めた単独過半数を維持できなくなったという。 共同通信のニュースで報じており、リンクはこちら。 はっきり書いておくと、それって負けじゃんね自民党。 まだ開票の序盤で言ったことらしいが、安倍首相は読売新聞によると「改憲議論を進めろと国民のオッケーをもらった」的な世迷言をほざいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相「お父さんは恋人を誘って」街頭演説の一方で…

朝日新聞の記事はこちら。 これ知ったときはまさに「開いた口がふさがらない」状態だったよ俺。 記事の最後にはこう書いてある。 首相は参院選が公示された4日以降、各地で行う街頭演説の最後に期日前投票に行くよう訴えている。「昔の恋人を探し出して(期日前投票に)連れていって欲しい」などの言い回しが定番で、口が滑った可能性もある。ただ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志田陽子さん立候補辞退

武蔵野美術大学教授でシンガーで憲法の研究者でもある志田陽子さん。 こないだ東村山市長選に出る、そして共産党が推薦を決めたと聞いてブログに取り上げようかと思っていた。 そしたら、ドクターストップがかかったということで志田さんは立候補を辞退したという。 彼女を推していた「会」のtwitterでの報告はこちら。 回復を願うばかりだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more