テーマ:しんぶん赤旗

赤旗日曜版スクープ、安保法制と米国の秘密公電

菅義偉内閣発足にぶつけたわけではないだろうが、JCJ大賞を受賞した「しんぶん赤旗」日曜版が、さっそくスクープを飛ばした。 9月20日号のトップで、安倍政権が安保法制を強行した2015年9月、在日米大使館が本国に伝えた秘密公電5件の内容について、一部非開示ではあるが暴露している。 なおスクープにあたり、twitterで「共産党のスパイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版「桜を見る会」報道がJCJ大賞

このブログでも何度となく取り上げてきた日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の「桜を見る会」報道。 その一連の報道に対して、このほど、日本ジャーナリズム会議(JCJ)が年1回主催するJCJ賞の大賞がおくられた。 私はつい「前にも赤旗は大賞取っていなかったっけ」と勘違いしたのだが、まごうかたなき大賞初受賞である。 「桜」報道が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」テレビ・ラジオ欄で安倍政権報道をまるっと総括

先ほど「しんぶん赤旗」の公式サイト(https://www.jcp.or.jp/akahata/)をのぞいてみたら、既に7日付の紙面がPDFで読めるようになっていた。 台風10号接近のため配達できない地域もあるってことで、そこら辺を配慮したらしい。 せっかくなので、普段の赤旗公式サイトでは見られない紙面を紹介しよう。 9面は月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版の神山征二郎氏連続インタビュー

日本共産党の機関紙、日刊の「しんぶん赤旗」が、21日付で通算2万5000号を迎えました。 おめでたいことですが、今回の記事は赤旗日曜版からのネタです。 最新の8月23日号には、映画監督の神山征二郎氏のインタビュー連載「この人に聞きたい」の第4回が載っています。 この回で神山氏は1981年、大澤豊、後藤俊夫の各監督との「こぶしプロダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相が「休めない」のはバチが当たったから説

ここ数日、麻生太郎とか甘利明とかの側近が「安倍首相を休ませるべきだ」などとほざき、マスコミに書かせている。 安倍首相の体調不良がどうとか検査がどうとかと結びつけて権力側は語りたいようだが、こちら庶民は首相に一言。 「バチが当たったんだよ」 これですませていいと思う。 何しろ安倍首相は、かつて国会にて過労死遺族を前に大笑いして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

終戦記念日に日本の加害の歴史を考える

つっても、もう日付は変わりましたが。 きのう8月15日は終戦記念日。 日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」同日付は、2・3面見開きで「日本の植民地支配と侵略戦争」という特集を組みました。 2面では「日本がアジア唯一の帝国主義国として、アジア諸国にたいする侵略と戦争の道を進みました」として、その道のりを説明。 いくつかの文章を抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に赤川次郎氏の書き下ろし読み切り小説

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の8月9日・16日合併号。 最終面のインタビュー「ひと」に藤井聡太棋聖が登場した今号では見開きの22・23面にて、ミステリ界の巨匠たる赤川次郎氏の書き下ろしの読み切り小説「さよなら」が掲載された。 赤川氏は識者として「しんぶん赤旗」に、日本共産党に期待する趣旨のコメントを過去に何度も寄せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都医師会の尾崎会長が赤旗日曜版で語ったこと

新型コロナウイルス感染症対応のため「早く国会を開くべきだ」と先日の会見で訴え、一躍大ブレイク(という言い方もなんだが)を果たした東京都医師会の尾崎治夫会長。 この尾崎会長は、会見と時期を同じくして日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の8月2日号にインタビュー出演を果たしていた。 赤旗日曜版にて、感染防止のための統一したルール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗にスーパーボランティア尾畠さん登場

先ほど時刻は午前0時を回り、7月15日と日付は変わった。 日本共産党の創立98周年記念日である。 おめでとうございます。 壮大な記念日にかかわらず記事の本題はいわゆる小ネタになりますが、ご容赦のほどを。 「しんぶん赤旗」日刊紙の7月14日付で、豪雨被害に遭った大分県日田市での共産党のボランティア活動の記事が載っている。 記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版リレーコラム「風の色」日野美歌さんの回

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の7月12日号。 7月上旬の九州豪雨水害による熊本県内の生々しい被災状況について、現地取材団が共産党の調査活動も交えてルポをしている。 しかし今号で印象に強く残ったのは、女性著名人が週替わりで執筆するリレーコラム「風の色」。 今号の執筆者は歌手の日野美歌さんで、自身の名前について触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版であさのあつこ新連載小説

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版最新号の7月5日号。 児童作家・あさのあつこ氏の連載小説「彼女の物語」がスタートした。 あさの氏は赤旗日曜版の小説欄では過去に「グラウンドの空」などを執筆しており、おなじみの執筆者と言ってよいだろう。 絵と題字は佐々木こづえ氏が担当。 人口は100万をわずかに超える県庁所在地の都市が物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版最新号に俳優の北村有起哉さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の6月28日号。 最終面の名物インタビュー企画「ひと」に、俳優の北村有起哉さんが登場しました。 今や名優・北村和夫さんの息子という但し書きが必要ないほどの売れっ子となった北村さん。 実は彼、1~2年に1度の頻度で、自身の出るドラマや映画や舞台の宣伝でインタビュー出演する「しんぶん赤旗」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#宇都宮けんじさんを都知事にしよう

東京都知事選挙が始まった。 各種世論調査では(なかには毎日新聞のような人気投票レベルの調査内容で法に抵触する指摘のあるやつもあるが)、大方の予想通り、現職の小池百合子氏がリードしている。 それ自体は予想していたことであるし、前回の都知事選は鳥越俊太郎氏が序盤の世論調査でリードしながら、ふたを開ければ小池氏がまくって圧勝したという「前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版で木村花選手の事件を特集

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の6月14日号。 32・33面の見開き特集で、リアリティーショー番組「テラスハウス」出演者でプロレスラーの木村花選手が自殺した件を取り上げていた。 #KuToo呼びかけ人で俳優の石川優実さん、弁護士の太田啓子さんと佐々木亮さんが登場し、それぞれ見解を述べている。 石川さんは木村さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーインパルスと普天間米軍

5月28日の航空自衛隊ブルーインパルスの編隊飛行の件。 「しんぶん赤旗」31日付では2面の囲み記事で「賛否両論」と報じていた。 竹下岳記者の署名。 記事では医療従事者への感謝をうたった編隊飛行は5月前半に行った米軍の「アメリカ・ストロング作戦」の模倣であること、例の屋上に集まっていた医療関係者は自衛隊中央病院の職員であることを指摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に俳優・古舘寛治さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の5月31日号。 渡辺えりさん(日本劇作家協会会長)と小泉今日子さん(企画・制作会社明後日代表取締役)のオンライン対談が話題となっている今号だが、最終36面のインタビュー企画「ひと」には俳優の古舘寛治さんが登場した。 映画にドラマに出演作品の多い彼だが、紙面では「ツイッターで政治的発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に「ぴあ」小林取締役

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」最新の5月17日号。 今週は検察庁法改正案関係で国会が大荒れし、今週号の赤旗日曜版も1面トップからその問題で特集を組んでいる。 同じく1面からインタビュー出演したのがチケット販売最大手の「ぴあ」取締役の小林覚氏だ。 テーマは新型コロナウイルス対策としてのライブ・エンタメ業界への補償問題。 このブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版で大林宣彦監督追悼

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の4月26日号。 30面にて「追悼 大林宣彦監督」と見出しを付けた湯浅葉子記者の文が掲載され、10日に亡くなった映画作家の大林氏をしのんでいる。 名優チャールズ・ブロンソンを起用した「マンダム」のCM映像を手がけるなど、気鋭の広告ディレクターから映画作家に転じた大林氏。 長髪のパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版「桜を見る会」最新スクープ

日本共産党の志位和夫委員長は、会見や自身のtwitterなどで「新型コロナウイルス問題の対応で、安倍政権に言いたいことは山ほどあるが、それらは終息後に検証する」と語っている。 共産党として、感染拡大防止のため政府与党に惜しみなく協力や提案を行う、という党のスタンスを明らかにした。 しかし当然のことではあるが、志位および共産党は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に堀義貴・ホリプロ社長

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の4月12日号に老舗芸能事務所ホリプロ社長で音事協(日本音楽事業者協会会長)の堀義貴氏が登場した。 テーマは新型コロナウイルスの影響により、エンターテインメント団体が自粛を国から要請されている問題について。 1面から堀社長の顔写真とともにインタビュー記事が掲載されている。 赤旗日曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に「書評家」山添拓

「しんぶん赤旗」日曜版、最新の3月29日号から。 29面の上半分の紙面は「読書」と銘打ち、2本の書評を載せている。 その1本、杉江弘、山口宏弥両氏の共著『羽田増便・都心低空飛行が危険なこれだけの理由』(合同出版・1000円)は、あす29日から開始する羽田空港発着の新たな飛行ルートの問題点を描いたものである。 この書評を手がけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『手塚治虫の戦争反対への情熱』

きょう付「しんぶん赤旗」の1面コラム「潮流」は、手塚治虫に触れている。 命日は先月だったがなぜこのタイミングで? とふと思った。 反射的に、娘のるみ子氏が「100日後に死ぬワニ」の件で父親を引き合いに出してツイートしていたもんで、そこから始まった話かと。 どうやら元ネタは、コラムの中盤で紹介されているこの書籍らしい。 元赤旗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版の小椋佳さん「この人に聞きたい」第4回

さっきアクセス解析のページを確認したら、合計アクセス数が2万を200ほど超えていた。 月に1500、1日に50ほどのアクセスがあるということで、まあうれしいこってす。 今回は以前にも取り上げた「しんぶん赤旗」日曜版の作詞・作曲家、歌手の小椋佳さんのインタビュー連載「この人に聞きたい」を再び紹介。 最新の3月8日号は第4回で、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に稲垣吾郎さん

ウェブリブログのアクセス解析を見てみると、ダントツのアクセス数でこの記事が閲覧されていた。 アニメ制作現場と日本共産党 https://standingah19.at.webry.info/201907/article_7.html 去年の7月、参院選投票日直前に書いた記事である。 もう半年以上前に書いたやつだが、2月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に石井正則さん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の2月23日号は対談やインタビューが充実している。 委員長志位和夫と世界的バレリーナであるアリーナ・コジョカルさんとの対談、「ひと」は桐谷健太さん、3面には仲代達矢さん、11面にはこないだ紹介した小椋佳さん「この人に聞きたい」の2回目と。 しかし今回紹介したいのは16面に登場した石井正則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に小椋佳さん登場

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版、最新の2月16日号に作詞・作曲家、歌手の小椋佳さんのインタビューが掲載された。 随時掲載される連続インタビュー企画「この人に聞きたい」に登場。 第1回のタイトルは「歌づくりは『真剣な遊び』」。 記事中で、小椋さんは高校ぐらいから歌を自作し始めたという。 その理由がすごい。 「歌いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に観月ありさ登場

もう日付は2月に入ったが、1日で日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は創刊92周年を迎えた。 そんなメモリアルな期間に発行された「しんぶん赤旗」日曜版2月2日号。 おなじみの最終36面のインタビュー「ひと」に、女優の観月ありさが登場した。 新作主演ドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」(NHKBSプレミアム)の宣伝である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗日曜版に原口一博氏

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の最新号(1月26日号)に国民民主党の原口一博・元総務大臣がインタビュー出演した。 略歴に「1959年生まれ」「東大卒」とある。 共産党の志位和夫委員長や笠井亮衆院議員の後輩、かつ宮本徹衆院議員や山添拓参院議員の先輩なわけね。 英語民間試験や「桜を見る会」の追及で野党共闘がさらに進化した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」もジェンダー平等へ前進

日本共産党第28回大会が終了した。 綱領一部改定案、第1決議案、第2決議案が豊かな討論を経て全員一致で採択されたなど画期的な大会となった。 しかし今回テーマにするのはちょっと地味な話題かもしれない。 28回党大会では、中央委員会の新たな機構と人事が発表された。 党三役や常任幹部会、幹部会、中央委員、准中央委員は大会中にライブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」日曜版に朝ドラ俳優松下洸平さん

日本共産党第28回大会をみっちり特集した「しんぶん赤旗」1月19日号。 この記念すべき号の最終面インタビュー「ひと」に登場したのは俳優の松下洸平さん。 皆さんご存じ朝ドラ「スカーレット」の八郎役であるが、普段テレビを見ない生活を送る私は今回彼のことを初めて知った。 記事の略歴にも書かれているが、もともと松下さんは舞台を中心に活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more