赤旗日曜版最新号で「桜を見る会」特集

東京地検が安倍晋三前首相サイドに事情聴取をしたなど、新展開を見せている「桜を見る会」問題。 一連の「桜を見る会」スクープでJCJ賞を受賞した「しんぶん赤旗」日曜版の最新12月6日号は、この問題に改めて踏み込んだ特集記事を載せている。 ちなみに1面見出しに「安倍氏"確信犯"」とあるが、私と同様赤旗日曜版読者である知人が「これ誤用ですよね」と指摘していた。 全体的に読み応えある特集なのだが、個人的に面白かった(と言うのもなんだが)のは昨年11月、あの参院予算委員会で田村智子副委員長の追及に対する安倍氏答弁のくだりである。 田村質問の元ネタとなった昨年10月13日号の赤旗日曜版スクープは「桜を見る会」前夜祭の費用補てんには触れていなかった。 田村氏も質問では前夜祭についてさらりと触れた程度だったが、安倍氏は詳しく聞かれてもいない前夜祭について「各個人がホテルに直接払い込みをしている」と答弁しとったんだよね。 まあ推理小説でも2時間サスペンスドラマでも、参考人が聞かれてもいないことをペラペラ語る場面があったら「におうな」と警察側が感じるってのがセオリーですわね。 で、こうした安倍氏の前夜祭費用補てんの説明てのは、田村質問の1週間後に行った「ぶら下がり質問」でもやっていた。 あ、あのときの話かとピンと来る人も多いだろう。 いきなり官邸詰めの記者に招集かけたやつな。 田村質問以降、桜問題に口をつぐんでいた安倍氏が急にぶら下がりをやるなんて不自然だな…と当時思ったものだが、赤旗日曜版…

続きを読む

あの参院予算委員会質疑から1年と少々

前回の記事が11月23日付なので、かなり間ができてしまった。 その間に、このブログでよく話題になったあの人が再び脚光を浴びている。 その人とは、安倍晋三前首相。 「桜を見る会」の件で、東京地検から秘書らが任意の事情聴取を受けていたってやつね。 それを報じた「しんぶん赤旗」11月24日付の記事はこちら。→ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-11-24/2020112401_02_1.html 12月2日付の同紙は、桜問題を追及する法律家の会が東京地検に不起訴や略式起訴で軽くすませず、正式に起訴しておくれと要請したという記事を載せた。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-12-02/2020120201_02_1.html 思い起こせば忘れもしない、昨年11月8日の参院予算委員会。 テレビ中継していた質疑で、共産党の田村智子氏が「桜を見る会」にまつわる安倍首相(当時)の疑惑を鋭く追及したんだったな。 田村氏は一般紙の取材で「国民の力で山をここまで動かした」てなコメントをしたようだが、私も同感である。 ここまで来たら、東京地検もきっちり歴史に名を残す仕事を粛々とこなしてほしい。 それにしても、安倍首相が辞任表明した際には「お疲れさま」つってのたまっていた皆さん。 彼らは安倍首相の無実を信じていたりするのかね。 他人のふりか。

続きを読む

JCJ大賞を受賞した赤旗日曜版の授賞式

「桜を見る会」の一連のスクープ報道がJCJ大賞を受賞した「しんぶん赤旗」日曜版の編集部。 このほど山本豊彦編集長らが授賞式に出席し、13日付に山本氏のスピーチ要旨が掲載された。 記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-10-13/2020101304_01_0.html 日刊紙の方ではあるが「しんぶん赤旗」はつい先日にもスクープを上げた。 菅首相の日本学術会議への人事介入の件ね。 なので「橋幸夫に似ている」と某週刊誌に書かれたことのある山本編集長は、いっそう自分たちの仕事について誇らしい気持ちでスピーチしただろう。 しかし「桜を見る会」も日本学術会議の件も、赤旗のスクープの取り方がよく似ているな。 「桜の見る会」のスクープは、山本編集長が語ったようにインターネット上の公的な情報を取ることが肝となった。 先日の日本学術会議の件も、任命を拒否された一人である松宮教授がフェイスブックに書いた記事を発端とした。 またこれはあまりよくない類似点だが、どちらもマスコミの出足が鈍かった。 共産党の田村智子が国会で鋭く安倍首相を追及しても、マスコミは後追いの腰をなかなか上げなかった。 そして学術会議の件。 これも全世界に発信した松宮教授の記事がソースなわけだから、赤旗と横並びで他のマスコミ紙がバンと取り上げると思うだろう。 しかし赤旗と同じ日付できちんと報じた大手紙はなく、結果的に赤旗のスクープとなった。 …

続きを読む

赤旗日曜版「桜を見る会」報道がJCJ大賞

このブログでも何度となく取り上げてきた日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の「桜を見る会」報道。 その一連の報道に対して、このほど、日本ジャーナリズム会議(JCJ)が年1回主催するJCJ賞の大賞がおくられた。 私はつい「前にも赤旗は大賞取っていなかったっけ」と勘違いしたのだが、まごうかたなき大賞初受賞である。 「桜」報道が一躍有名になったのは何といっても昨年11月、テレビ中継を入れた参院予算委員会での田村智子副委員長の質問だった。 ただそこに至るまでに紆余曲折(うよきょくせつ)があった。 共産党は5月13日、衆院の委員会質問に立った宮本徹議員が「桜を見る会」を取り上げた。 当時の赤旗記事のURLはこちら。→ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-14/2019051403_01_1.html 宮本議員は公的行事の「桜を見る会」が、安倍政権の間に予算を3倍化した件をただした。 菅義偉官房長官と宮本議員のやりとりをとらえた記事は、以下の通り。 菅義偉官房長官は「総理大臣が各界で功績、功労のあった方々を招き懇談する内閣の公的行事だ」「必要な経費」と正当化しました。 宮本氏は「安倍内閣で功労をあげた人が急に増えたのか。招待の基準は不透明だ。こういう支出の増やし方は国民の理解を得られない」と批判しました。 いやあ、今となってはなかなか味わい深いやりとりだね。 宮本議員も当時は、安倍首相自身が関わった疑惑を持つ案件だとは思っ…

続きを読む

安倍氏に「お疲れさま」はまだ早かろう

28日、安倍晋三氏が首相の辞任を表明した。 病気については回復を願うが、先の通常国会で検察庁法改定案が市民の声で廃案に追い込まれた。 このこと自体が安倍首相にとって、首相を続けるモチベーションが下がり切ってしまったんだろうなとみている。 あとはtwitter(@sledgekawasaki)でも書いたことだが、こちらでも。 安倍首相に「お疲れさま」を言うべきだのなんだのという件。 私は、今は言わんでええやろという立場である。 安倍氏は首相を持しても国会議員を続けるという。 彼は首相時代、当事者として多くの事件にかかわってきた。 森友学園、加計学園、桜を見る会、河井事件、ジャパンライフ、よつばホールディングス。 今後、安倍氏は国会の場でこれらの事件の全容解明に責任を果たさねばならない。 「桜を見る会」の問題で安倍氏は公職選挙法違反、政治資金規正法違反の疑いがかかっている。 もしクロとなれば当然、議員を持して司法のもとに裁かれなければならない。 安倍氏がそういう状態になってから「お疲れさま」を言っても、何ら遅くはないだろう。

続きを読む

赤旗日曜版「桜を見る会」最新スクープ

日本共産党の志位和夫委員長は、会見や自身のtwitterなどで「新型コロナウイルス問題の対応で、安倍政権に言いたいことは山ほどあるが、それらは終息後に検証する」と語っている。 共産党として、感染拡大防止のため政府与党に惜しみなく協力や提案を行う、という党のスタンスを明らかにした。 しかし当然のことではあるが、志位および共産党は、安倍政権のやることなすことに文句をつけませんということは一切ないようである。 最新の「しんぶん赤旗」日曜版4月19日号で「桜を見る会」のスクープを2・3面見開きで報じた。 取り上げているのは、悪質マルチ企業「48ホールディングス」の淡路明人元社長と安倍首相の関係。 安倍首相は国会で淡路氏について「個人的な関係は一切ない。顔にも見覚えは全くない」と答弁している。 ただ淡路氏は2016年の「桜を見る会」および前日の前夜祭に、安倍晋三後援会のバスに揺られて参加していた。 淡路氏が「友人限定」記事で「桜を見る会」や前夜祭の写真をフェイスブックに投稿したのを、赤旗日曜版編集部が複数の関係者を通じて確認。 写真も入手したらしい。 この裏を取っていくくだりは、こう言っちゃなんだが読んでいてワクワクさせる。 入手したものには、淡路氏が「桜を見る会 安倍晋三後援会」のプレートがついたバスに乗っている写真があるという。 きのう(17日)の安倍首相のコロナ問題での記者会見には「#安倍首相がんばれ」てタグのついたツイートが大量に上がったらしいね。 ネトサポが頑張…

続きを読む

日本共産党宮本徹議員のクリスマスプレゼント?

もう昨日の話ですね。 世間ではクリスマスイブだったようですが、私はいつものように仕事を終えてまっすぐ帰宅しました。 帰りながらネットをチェックしてみると、日本共産党の宮本徹衆院議員から粋なクリスマスプレゼントがあったみたいで。 共同通信の記事では、このように書かれています。  共産党の宮本徹衆院議員は24日、「桜を見る会」の招待区分「60」が首相推薦枠だと明記された2005年開催時の資料を公表した。「60」は預託商法などが問題視された「ジャパンライフ」元会長の15年の招待状に付されており、野党は安倍晋三首相の推薦枠だったとの見方を強めた。内閣府は、過去の資料のため、最近の区分の裏付けにならないと主張した。  宮本氏によると、資料は国立公文書館で開示された決裁文書ファイルに含まれていた「分野別招待者数」の一覧表。区分60は「総理大臣」で人数は737人、61は自民党で1483人、62は公明党で200人と記されていた。 まああれよ。 内閣府は「過去の資料」などと突っぱねてみせているが、否定したいなら直近の第2次安倍政権時の「桜を見る会」資料を出さないとね。 「60」が首相の推薦枠ではない、と主張するならそれが一番手っ取り早いと思うけど。 まあ来年の通常国会で、野党がゴリゴリに追及するけどさ。 てわけで私たち国民は、年末年始も「桜を見る会どうなったん?」て言い続けましょうや。

続きを読む

世耕氏がテレ朝を謝罪させてドヤっているが…

自民党の世耕弘成氏が「報道ステーション」に「印象操作した」つってネチネチ絡み、テレビ朝日上層部に謝罪させた件ね。 この人があまりに自信満々に抗議するので、俺は「テレ朝が足元すくわれるような報じ方したのかね」と最初は思っていた。 そんで世耕氏が「これが印象操作だ」つって「報ステ」の映像をtwitterにアップしていたので見てみた。 そしたらもう映像の冒頭で世耕氏、桜を見る会で首相は「説明は十分に果たした」てな感じのことつってるじゃん。 もしその後に世耕氏がこういう発言をしていて、それが使われなかったから「印象操作だ」と怒るなら分かる。 「ただし真相究明を求める世論は依然大きい。桜を見る会の問題は年越しさせないよう、年内の国会の閉会中審査で改めて説明するよう私が首相を説得する」 しかしどうやらそんな趣旨の発言はしていないもよう。 万が一していたら世耕氏がtwitterで即座に暴露しているわね。 だから俺は世耕氏の「印象操作だ」て言ったことそのものが「報ステ」とテレ朝に対する「印象操作」だとみている。 あともう一つ世耕氏がほざいている「会見終了後の映像を使った」ことへの文句は単なるイチャモンであり「甘えるなよ」と言うしかない。 緩み切った大笑いをしたけりゃ控室に戻ってからやれよと。

続きを読む

シュレッダーと京都府警と安倍政権

「被害届や調書を破棄した疑い 警察官を書類送検 京都府警」 NHKのニュース。→ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012203091000.html シュレッダーにかけたのが「特殊詐欺の書類」てのがことさらに目を引く。 時節柄、詐欺って聞くとジャパンライフを思い出さずにはいられない。 公文書を毀棄(きき)した疑いで、警察官は書類送検。 署内では懲戒処分を受け、既に依願退職したという。 さて、「桜を見る会」の公文書を毀棄した連中もサクッとお縄にかかってもらおう。 当然お縄にかかるのは、シュレッダーにかけろと指令を出した連中だ。 ハッキリ言えば、このほど障害者の職員を盾にした卑劣な野郎どものことな。

続きを読む

大門みきしのような怒り方をする人が一番怖いよね

「桜を見る会」の消費者庁への野党合同ヒアリングでの一コマ。 @emil1418 さんのツイートで紹介した動画はこちら。 動画で怒りを見せているのは日本共産党の大門みきし参院議員。 同僚だった前参院議員の、たつみコータロー氏が「大門さんがここまで怒ったのを見たことがない」とつぶやいている。 普段穏やかで怒りとは縁遠い人柄の人が怒ったときって、まあ怖いよね。 大門氏が怒る動画を見て、一番俺が心震えたのは全く誠実に答えようとしない消費者庁側に向けた次の言葉よ。 「マスコミに全部暴露しないと本当のこと言わないわけ?」 相手ののど笛に真剣の切っ先をピタリとつきつけたような冷たさ、鋭さのあるセリフだ。 また怒りに任せて…でなく、消費者庁の態度を見越して最初からマスコミに暴露するつもりだったのだろうなという大門氏の確かな意思を感じる。 一部報道では自民、公明幹部が「逃げ切った」とほくそ笑んだと言われている。 大門氏は彼らの逃げ道にふらりと立ちふさがったと言えよう。 野党は逃げ切りを許さない。

続きを読む

嵐にすがる安倍首相

「桜を見る会」の追及から逃げ回っている安倍晋三首相が嵐のコンサートを観賞し、楽屋訪問した画像をtwitterに上げている。 URLは張らんが、まるで逃亡してきた犯罪者が詳細をごまかして「追われているんだ、助けてくれ!」とかくまってもらおうとしているみたいで非常に見苦しい画像を上げていたことは報告しておく。 嵐ファンは楽屋訪問してきた安倍首相をどう受け取っているかは知らんが、その人はジャパンライフとズブッているからね。 まあ国会最終盤で野党の追及を強めてサクッと安倍首相を辞めさせて、嵐ファンは「いやー安倍首相迷惑だったなー」という認識に至る。 それが一番いい落としどころじゃないかと、私は思っております。

続きを読む

共産党田村智子が暴く「ジャパンライフ」と「虚偽答弁?」

きのう(25日)参院内閣委員会で共産党・田村智子議員が桜を見る会問題で質問。 動画はこちら。→ https://www.youtube.com/watch?v=ZsaQ7n5GkPA 田村氏が質問のポイントを簡潔にまとめたツイートはこちら。→ https://twitter.com/tamutomojcp/status/1198938809456443393?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet ジャパンライフと安倍晋三首相の関係の行方もさることながら、個人的には「総理枠1000人ってえのも虚偽答弁じゃねえの?」と攻めていたのがツボだった。 最初に1000人と聞いたとき、俺も「あれ?もっといるんじゃね?」と直感が働いたもの。 まあ俺のはまぐれだろうが。 官房副長官はじめ答弁に立つ連中はあいも変わらずなしのつぶてだったが、それでも田村氏てか共産党含む野党側は15分という短時間でこれだけの問題があると浮き彫りにした。 これで「野党はだらしない」と言われるのは心外としか言いようがないぜ、という話である。 全くの余談だが、田村質問動画に出てきた内閣委員会の理事は川田龍平氏だったな。 いま立憲民主党だっけ。 初当選したときは、今はなきみんなの党の所属だった。

続きを読む

「スピン」「陰謀論」にすがるのは安倍側の人々では

俺は5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の「芸スポ速報」(芸スポ)の板をよくチェックするのだが、最近「桜を見る会」関連のスレがよく立っている。 つってもその大半は「桜を見る会」を私物化する疑惑のある安倍首相に対して、批判する側に立つ人物を揶揄したニュースをソースとしたもの。 安倍首相に批判的なある芸能人が、沢尻エリカ逮捕の報に際して「桜を見る会報道のスピン」的なことをツイートしたとかね。 またこの一両日で芸能人の結婚が多くニュースとなっているが、そうした「桜を見る会」と無関係なニュースを扱った5chの芸スポスレで「これも安倍ちゃんの力か」と冷やかしたようなレスを結構目にする。 そういうネットの状況を眺めてみると、結局「陰謀論」や「スピン」の類にすがっているのは、ネットで目立っている安倍政権支持者の連中(ネトウヨとも言う)ではないかと思うんだけどね。 個人的な実感として、芸能ニュースを「スピン」として隠しようがないくらい「桜を見る会」てデカいニュースになったと思うのよね。 森友・加計レベルの大問題と化したと思う。 共産党の田村智子が参院予算委員会で質問した直後は、ここまで膨れ上がるとは思っていませんでしたわ。 あと2週間ちょいで通常国会は閉じるみたい。 それまでに「桜を見る会」を追及する野党合同本部はみっちりと問題の裏側を調べ上げて、安倍政権をズタボロにしてほしいと思う。

続きを読む

「桜を見る会」見直しするなら安倍首相を…

日本共産党副委員長で参院議員の田村智子が予算委員会で質問してから時間差こそあったが、ついに燎原(りょうげん)の火の如く「桜を見る会」の問題がマスコミでも取り上げられている。 田村質問では答弁を事実上回避してやりすごそうとした安倍政権だが、さすがに事態を重く見たのか菅義偉官房長官が「桜を見る会」の開催方針見直しを検討すると発表した。 時事通信の報道はこちら。→ https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111200868&g=pol しかし見直しと言っても、田村が質問で言っていたよね。 閣僚2人の辞任など、安倍政権におけるモラルハザードは安倍晋三首相自身が起こしていると。 それだったら安倍氏を首相も議員も辞めさすことが「見直し」なんじゃないの菅さん。 もともと森友問題で辞めるの確定だったお人であるし。 また鳩山由紀夫(現在は友紀夫)政権時代にも「桜を見る会」に鳩山氏の後援会が呼ばれていたとのことで、安倍政権支持者が吹き上がっているらしい。 まあ後援会員の数は、ケタ違いで安倍晋三の方が多いだろう。 さんざん「悪夢の民主党政権」とほざいていた安倍首相自身が鳩山氏以上にやらかしたのだから、安倍政権支持者はきちんと責任を取っていただければ幸いである。 個人的には鳩山氏に私は何の思い入れもないので、安倍氏と2人そろってブタ箱へ直行いただいて何ら差し支えはない。 ここまで書いて、ふとリクルート事件を思い出した。 あの事件で、リクルートと株のや…

続きを読む