核兵器禁止条約発効までマジック1

日本プロ野球界は両リーグとも優勝間近の状況ですが、こちらもマジック1となりました。 核兵器禁止条約が発効要件を満たす50カ国まで、あと1カ国の署名というところまで来ました。 NHKの記事はこちら。→ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201024/k10012678621000.html ジャマイカとナウル共和国が署名し、合計49カ国に。 私は浅学なもんで、今回ラウルて国があると初めて知った次第です。 ラウルは太平洋の小さな島国で、軍隊を持っていない国(国防はオーストラリアに依存)。 そう聞くと何だか日本と共通点が多いように感じますが、先の大戦でナウルは旧日本軍に占領された歴史があります。 そこら辺を踏まえると、発効要件を満たす50カ国目の署名にはまさに被爆国の日本がふさわしい気がしてきますね。 現実には、菅政権からは署名のしょの字も気配がありません。 ようそんなんで「スピード感」だの「前例を踏襲しない」だのと言えるよなあと。 しょうがねえから次の総選挙で政権交代して、改めて条約に署名する、および条約発効に合わせて核兵器に依存した軍事戦略を放棄する野党連合政権をつくろう。 その結論に至るわけです。

続きを読む

『政治家の覚悟』て本でごっそり「前言撤回」する菅首相

菅義偉首相が2012年に刊行した著書『政治家の覚悟』の新書版が、きょう20日発売らしい。 新書版刊行に際して、公文書について書いた部分を章ごとごっそり削除したという。 その件を取り上げた毎日新聞の記事はこちら。→ https://mainichi.jp/articles/20201019/k00/00m/040/269000c 「毎日」は記事中でこのように触れている。 菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを批判し、「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」などと断じていた。 いやあ、みごとな超特大ブーメランですね。 削除したところで、自身が公文書の重要性を説いた事実は変わらないだろうに。 こんな芸当をする政治家が口にする「覚悟」ってのは、まあろくなもんでないだろう。 自分の発言に責任を持つ「覚悟」は全くなく、学術会議の件みたく気に入らない人間を排除する「覚悟」におのれの権力を全振り、みたいな。 そんなわけで、こういう首相が居座る政権を次の総選挙でさっさと終わらせてしまおう。

続きを読む

日本共産党衆院秋田3区候補・杉山あきらさん

日本共産党衆院東北ブロック比例候補の、ふなやま由美氏が、菅義偉首相の地元たる秋田県湯沢市で街頭演説をした記事が「しんぶん赤旗」9月21日付に載っている。記事URLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-21/2020092104_04_0.htmlしかし今回のブログ記事の主役は、ふなやま氏とともに演説したこの人。衆院秋田3区候補の杉山あきら氏だ。ホームページはこちら。→ https://akira-sugiyama.localinfo.jp/ 私の貧困な語彙ではありきたりの表現で恐縮だが、異色の国政候補と言っていいだろう。東成瀬村の党地域支部長であり、農家であり、またシンガー・ソングライターの顔を持つ。ホームページでは立候補表明以降の日記をイラストつきで載せている。このイラストがまた味わいがある絵柄で、内容も1コマ漫画に近い。日記の本文も読ませる。杉山候補が候補者活動の中で接する人物…共産党の県委員長だったり選対部長だったり、はたまた取材に来た記者だったり…が短い文章で豊かに描写されていて、和む。その場に私もいたかのような錯覚になるというか。 「しんぶん赤旗」の記事でも杉山候補の日記でも、秋田では菅首相誕生で祝賀ムードと伝えられている。しかし私は、出身は埼玉県だそうだが杉山候補こそ秋田県をしょって立つ政治家として全国的に知られるべきだと思っている。今後とも杉山候補のブログなどはチェックしていきたい。杉山候補はtw…

続きを読む

改めて菅氏ってしょぼくれたオッサンやな

自民党の新総裁が大方の予想通り、菅義偉氏に決まった。 おそらく国会の首相指名選挙で新首相に選出される。 14日午後6時の記者会見。 私は居残った職場のテレビで見ていたのだが、あらためて菅氏ってしょぼくれたオッサンやなーと思った。 顔つきは暗いし、口調はたどたどしい。 実際にこの人の街頭演説を生で聞いたことがある。 たいていの国会議員なら党派問わずに、演説ではここが盛り上がるポイントですよ」ってところで力を込めて訴えるのだが、菅氏にはそういう強弱の引き出しも1回聞いた限りでは、なかった。 普段テレビを見ない生活をしているが、よっぽど総裁選報道でゲタを履かしてもらったのだろうな。 私は反自公政権のスタンスを取り続けている人間だが、その立場から見ても「この人を総裁(首相)にして、自民党は解散・総選挙勝つつもりあるんかね」と不安になってくる。 会見の調子で選挙演説しても、周りの候補者やスタッフは士気が上がらんのと違うか。 まさか選挙カーの上でパンケーキを食うわけにもいかないだろう。 ただし自民党の選挙での組織力はダントツレベル。 頭が誰であれ、マスコミに「野党がだらしない」とでも書かせれば十分圧勝できると踏んでいてもおかしくはない。 当然そうはさせない。 市民と野党の共闘の進化で、安倍政治の継承にはきちんと総選挙でノーを叩き込ませてもらう。 安倍晋三氏もろとも、菅氏には国会の表舞台から転げ落ちていただこう。

続きを読む

ちょっと雑感ふうに検察庁法改定案と東京都知事選の話

ブログ更新の間が空いてしまいました。 国会が動きましたね。 検察庁法改定案、政府・与党が今国会での採決を断念。 きのうの「しんぶん赤旗」5月20日付1面トップの見出しは書記局長志位和夫の発言から取った「民主主義の底力を示した」でした。 この見出しにはtwitter上で共感の声が多かったようです。 見出ししか見かけていませんが、元「2ちゃんねる」管理人のひろゆきが今回のtwitterデモの動きを「実際に集まるデモより効果的だった」みたいなことを言ったみたいですね。 私はそうは思いません。 もちろんtwitterデモはまさに歴史に残る取り組みでしたが、あの強行採決の瀬戸際にあった衆院の委員会質問。 共産党の藤野保史衆院議員が質問に立ったやつですね。 あれ森雅子法相と対峙(たいじ)した質問の動画を見ていると、かなりはっきりと国会前に集まったデモ参加者のコールが聞こえてきます。 藤野氏自身、後にあれが非常に励みになったて趣旨のコメントをしていますし、政府・与党側にはかなりのプレッシャーを与えたでしょう。 要はネットもリアルも一生懸命デモをやろうぜという話です。 私は2年前まで東京都民でしたが、もうすぐ都知事選ですね。 堀江貴文氏(個人的に彼のあだ名は使いたくない)が立候補すると言われています。 独自候補の擁立を断念したという自民党がどう動くかは気になりますが、とにかく共闘野党は早く候補者を発表してほしい。 候補者選びは共産党がイニシアチブを取っても差し支えないと思いますが…

続きを読む

共産党28大会第一決議案の報告

私は4日、リアルタイムで日本共産党の第8回中央委員会総会第1日の報告を視聴した。 その中で小池晃書記局長が報告したのは党大会の第一決議案。 「しんぶん赤旗」の報道記事はこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-11-05/2019110501_02_1.html 第一決議案は総選挙を含めた今後の党の方向性を提案したもので、第二決議案は山下芳生副委員長が党勢拡大のあり方について報告した。 しかし決議案を2つに分けるなんてのは珍しいな。 支部の人たちは議論するの大変だ。 小池氏が報告した第一決議案だが、個人的に「おっ」と思ったのは「しんぶん赤旗」記事で言うとこの部分。 この中で、新しい情勢にふさわしい方針の発展として、後援会活動について「『日本共産党後援会』としての活動を選挙戦の基本としつつ、必要に応じて、党議員・候補の個人後援会をさまざまな名称、形態でつくり、幅広い方々と力を合わせる活動にもとりくむ」としています。 小池氏は「全党が力をあわせ、党創立100周年に向けて、総選挙と参議院選挙で、自民党政治に代わる新しい政治への扉を開く、素晴らしい勝利をつかもう」と呼びかけました。 一つは後援会活動について。 「必要に応じて」としつつ、党議員・候補の個人後援会をつくることを容認した。 これまで共産党は方針として個人後援会をつくらないものとしていたので、大きな方針転換と言える。 まあJCPサポーターの取り組みも積んで…

続きを読む

ムサシ社は公式コメント出してバッサリやった方がいい

数ある陰謀論の一つに「ムサシ」がある。 ムサシとは選挙の投票用紙を集計する機械のメーカーで、ここの機械を操作してどうのこうので不正選挙の温床になっているという内容。 最近、籠池泰典氏が特派員協会の講演でムサシの話をしたってんで、陰謀論者はここぞとばかりに盛り上がっている。 籠池氏の講演とは別に「安倍首相はムサシの筆頭株主」みたいな別の陰謀論まで出てきたらしい。 ゲンナリする話だ。 この陰謀論の再燃に対して、日本共産党川崎市議の片柳進氏がツイート。 かつて選挙の開票に立ち会った知人の経験談を書いて「不正選挙などない」と明快に反論しているが、これをもって陰謀論の根絶とはなかなかうまくいかないだろう。 てわけで、いっそのことムサシの会社が公式コメントを出して陰謀論を否定しないかなと思う。 この間ずっと論争になっている献血ポスターの件で、なぜか「乳袋」が議論の中心になった時点のこと。 ポスターを擁護する側が「『乳袋』をデザインしている服飾メーカーがある!」とドヤ顔で反論したが、名指しされたメーカーのOverEが「そういうのとは違います」と明確に否定するコメントを出した…という出来事があったのである。 ムサシ社にしてみれば長い間、陰謀論によって名誉を棄損され続けている状況なわけだから、ここでビシッと「違うよバーカ」くらいのコメントは出しても差し支えないと思う。 ぜひともご検討願いたい。

続きを読む

「宮本たけしさんを応援します。」について

「宮本たけしさんを応援します。」について 以前にブログを取り上げた日本共産党所属の武蔵野市議・本間まさよさん。 最新記事では宮本たけしさんについて書いている。 もちろん衆院大阪12区補選に無所属で立候補する前衆院議員の宮本さんのことだが、本間市議は宮本候補といくらか接点があることを語っている。 しかし宮本さんの知り合いの生活相談に当たったことがある、てのはなかなかに奇遇な話だな。 文脈からすると別に宮本さんから紹介されたわけでなく、たまたま本間さんが生活相談に当たった相手から宮本さんのことを聞いた感じだが。 ともあれ、衆院大阪12区補選と武蔵野市議選は同じ4月21日の投票日。 Wでいい知らせが聞けるよう、私も応援する。

続きを読む