新宿ベルク問題は現代の怪談である

雑誌『映画秘宝』の公式twitterアカウントが、一般女性に恫喝まがいのDMを送って騒動になりましたね。 スポニチ記事のURLはコチラ。→ https://news.yahoo.co.jp/articles/368f3d8655b148d652789cf277992820661598de この件を聞きつけて、私はあれを思い出しましたよ。 2018年秋に起きた新宿ベルクの問題。 ベルクの店内が分煙していないとつぶやいた女性・fさんのアカウントに店長が長文を送り付けたやつです。 問題の経緯は、fさん自身がブログ記事にまとめています。→ https://ftheminion.hatenablog.com/entry/2018/10/18/085104 リアルタイムで私もこの騒動を眺めてはいましたが「すげえ不可解だったな」という印象しかねえなあて感じですわ。 発端はベルクがこのご時世に分煙もろくにせず受動喫煙を野放しにしていた点だと思うのですが、店側に加勢してfさんに敵対する人たちは「クソフェミ」「クソフェミ」てわめきちらしていましてね。 女性のfさんが「店長は男性にはこんなことしないんでないの?」と呈した疑問に、ベルクに加勢する人々は「店長を女性差別者扱いするのか!!」と噴き上がって「クソフェミ」言うようになりましたな。 ちなみに私はご承知のように男性ですが、ベルク騒動に一言二言ツイートしている間に、直接絡んだことのない店長にブロックされていましたわ。 確か副店長が先に私をブ…

続きを読む

ベルク井野は『りぼん』編集部員の爪の垢を煎じて飲めよ、古いけど

少女漫画雑誌『りぼん』の連載漫画で、定番だったらしい喫煙シーンがNGになるという。 私としては『りぼん』編集部の決断を支持する。 理由をこの際ハッキリ言うと、漫画で喫煙シーンを描く(喫煙者の登場人物を出す)ことは、その漫画を面白く読むことに1ミリも作用しないからだ。 たとえば単行本100巻のレコードを持つ室山まゆみ「あさりちゃん」。 作者の室山姉妹は非喫煙者だそうだが、成人のレギュラーであるママ・浜野サンゴはもちろん、父親のイワシも喫煙をしていない。 「あさりちゃん」が始まった頃(1970年代後半)のイワシはいわゆる戦時中の生まれであり、この世代の成人男性で非喫煙者というのは当時としてはごく少数だったと思う。 もう一つ、佐々木倫子「動物のお医者さん」。 佐々木氏が非喫煙者という明確なデータはないが、彼女の単行本の巻末によく描かれる仕事場のルポ漫画では、喫煙シーンを見たことがない。 「動物のお医者さん」は「あさりちゃん」と違って成人の人物が多数出てくるが、レギュラーやチョイ役を含めて喫煙シーンは描かれなかった。 1980年代後半に始まった漫画としては、非常に画期的だったのではないか。 ほかの少女漫画に詳しくないけど。 まあ俺がやったことは喫煙者の出てこない漫画を2本紹介しただけなので「だからどうした」と言われればそれまでではある。 ただし、もし「『あさりちゃん』も『動物のお医者さん』も喫煙シーンをバンバン描けば、もっと面白い作品になった!」とのたまうやつがいたとし…

続きを読む

乳幼児の受動喫煙を推奨する新宿ベルク井野店長

こちらは目を疑ったし、相手の正気を疑った。 何かっていうと、新宿ベルク井野店長のtwitter(@Bergzatsuyoten)である。 私のtwitterは井野店長にブロックされているので知るのが遅れたが、22日のtwitterで井野は赤ちゃんを背負った男性がベルク店内でビールを飲む後ろ姿の画像をアップしていた。 (井野の22日のtwitterから) 前も書いたが、新宿ベルクはまともな分煙対策を取っていない飲食店である。 つまり上の画像の赤ちゃんは受動喫煙にさらされている状態であり、こういう画像をSNSにアップすること自体無神経の極みだと思うが、さらに驚かされたのがその数日後のツイートだ。 (井野の25日のtwitterから) のうのうと井野は子連れでベルクを訪れる人が増えたと報告しており、さらに「いいことだ!」という言葉で締めている。 何がいいことだと、怒りに震える。 東京都は昨年6月に受動喫煙防止条例を策定した。 都道府県で言うと静岡県が先駆けて実施している。 都の条例は2020年の完全施行を目指し、今年1月から段階的な施行を始めている。 都のサイトを見ると、条例の項目にはこう書かれている。 ■ 都民の責務【第四条】 ・喫煙及び受動喫煙が健康に及ぼす悪影響について理解を深めるとともに、他人に受動喫煙をさせることのないよう努めること ・東京都が実施する受動喫煙の防止に関する施策に協力するよう努めること ■ 保護者の責務【第五…

続きを読む

新しいtwitterアカウントもベルク井野店長にブロックされる

新しいtwitterアカウントを始めてからまだ1週間たっていないくらいなんですが、きのう(15日)の昼にチェックしたら、新宿ベルクの井野店長(@Bergzatsuyoten)にブロックされていました。 それが分かる画像はこちら↓。 前日(14日)に確認した際は、まだブロックはされていなかったんですけどね。 前のアカウントと同じく、私と1回もやりとりをしないままにブロックされてしまいました。 ちなみに副店長の迫川氏も、店長を歩調を合わせるかのように1回もやりとりしたことのない私をブロックしていました。 迫川も井野と同じく、前のアカウントでも私と1回も絡んだことがないのにブロックしていました。 私は新たなアカウント @slejji でも「#新宿ベルクの全面禁煙を求めます」というタグをつけたツイートをしていますが、井野(と迫川)は一切私に異議申し立てをすることなくブロックしました。 井野は「ベルクは分煙じゃなかったんやね」とつぶやいたfさんには長文のリプを張りつけてネッチネチネッチネチ絡んでいたと記憶していますが、私にはそうしないようですね。 何ででしょうね。 私が男性だからですかね。 井野に近しいアカウントの皆さん、ぜひ彼に聞いてみてください。

続きを読む

女性(fさん)には集中砲火を浴びせるが男性(俺)には無風なベルク周りの人々

さて前回はベルク店長井野の言い草にムカついて記事を1本書いた俺だが、改めてfさん(@francesco3)は大変だと思う。 昨年9月、新宿ベルクの煙についてツイートしたら、それを発端に店長はじめベルク周りの人々に非難され。 年が明けて今年1月、ルーベンスの絵に率直な感想を述べたらベルク周りの人々から集中砲火を浴びせられ。 ちなみに、先ほど俺をブロックしている井野のtwitterアカウントをのぞいたら「自分が絵画を観賞するときは…」てな言い回しで暗にfさんを揶揄しているのが丸分かりのツイートをしていて、こちらはヘドが出た。 しかしまあ、ここで気になるのは、何でベルク周りの人々ってfさんの方ばかり行って、俺の方には来ないのかね。 このブログの読者なら知っていると思うけど、俺は昨年から3カ月ほど、折に触れてtwitterで「#新宿ベルクの全面禁煙を求めます」というタグをつけたツイートをしている。 「分煙もろくにできないポンコツ飲食店」とも何回か指摘している。 ぶっちゃけfさんよりはずっと尖った意見を新宿ベルクには申し立てているんじゃねえのと自分では思っているのだが、俺に直接批判をぶつけてくるベルク周りの人ってあんまいないのよね。 fさんには、別に彼女は大した発言しているわけでないのにあれだけネッチネチネッチネチ繰り返し抗議のリプをしているが、俺には来ないのよ。 何でだろうね。 俺とfさんとで違いがあるとするなら、性別かなあ。 そうそう、『群像』でデマを書かれたとベルク周りの人々…

続きを読む

ベルク店長井野のツイートにムカついたので書く

俺はベルク店長の井野朋也にブロックされている(絡んだことがないにもかかわらず)。 なのであまり彼のツイートを読む機会がないのだが、ちょっと検索すると非常に神経を逆なでするツイートをしていたのでここに書く。 井野は1月上旬、店内の喫煙者についてこんなツイートをしていた。 (井野の1月4日付のツイートから) 店内の喫煙者に対して言いにくいことを言う、みたいなていで書きだしてはいるが、実際は店内の非喫煙者に配慮したことを全く言っていない。 まず「喫煙席でも一応隣の人に確認しよう」。 これって隣の人に「いいですよ」と言ってもらうこと前提やんな? もし喫煙席で隣の人が喫煙するふうでないのなら「あ、非喫煙者の人か」とたばこを控えることこそ配慮だと思う。 非喫煙者が、分煙のできていない(ここ大事)店だと知らずにベルクに入ってきてしまったパターンもあるだろうからね。 ま、俺が隣の人から「吸っていいですか?」と言われたら「ダメです」と言うけどね。 ベルクに入ったことはないけど。 でもそういう人がいたら、井野は「ダメです」と言った人の方を責めるんだろうな。 そして「4人グループで全員吸うのはいいけど…」のくだりは意味不明。 「灰皿は4人一皿で」なんて、単に掃除の手間を省きたいだけだろ。 要は店に来た非喫煙者への配慮など全く考えていないのに、下らない言い回しで「喫煙者に物申す」自分を演出したいだけだな。 あとこれは何回でも書いておくけど、井野。 おまえの店は分…

続きを読む