【訃報】市原悦子さん

まだ信じがたいという思いが強い。
市原さんの訃報がネットに流れたのはきのう13日夜だが、その前日には「盲腸で入院」というニュースが出ていたのでよけいに驚いた。
しかも12日の時点で既に息を引き取っており、その事実は伏せられたまま同日深夜放送のNHKテレビ「おやすみ日本眠いいね!」に声の出演をしていたという。

何というか、名女優の生きざまをそのまま見たようで圧倒されてしまう。

市原さんの代表作と言えば私も子どもの頃から親しんできた「まんが日本昔ばなし」や「家政婦は見た!」シリーズになるかと思う。
しかしtwitter上では「ヒルダ役の市原さんが亡くなった」と悲しむ声が相次いでいる。
ヒルダとは、昨年亡くなった高畑勲さんの初監督アニメ作品の映画「太陽の王子ホルスの大冒険」のヒロイン。
もう50年以上前の作品で私も「ホルス」は未見なのだが、なみきたかし氏の言によると彼らの世代はみんなヒルダにやられた、らしい。
さぞかし市原さんの演技はすごかったのだろう。
ヒルダと市原さんを追悼するツイート群を読んで、私は感動した次第だ。

晩年は戦争反対や憲法を守れと呼びかける詩の朗読に取り組み、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」にもよく出演していた。
共産党書記局長の小池晃が、市原さんを追悼するツイートを発信した。
余人をもって代えがたい、という言葉は彼女にこそ使う言葉だと考えている。
市原さんのご冥福を祈ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック