「いだてん」を上げたり下げたり忙しい「しんぶん赤旗」

俺はテレビを見ない生活を送っているのだが、ネットではやたらクドカン大河ドラマ「いだてん」が低視聴率で叩かれているのは知っている。
日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」3月11日付では、放送作家の石井彰氏の連載コラムで「いだてん」が酷評されていた。
二部構成などの要素で視聴者が感情移入しにくいとか、まあそんな内容。

そうかと思えば、同紙13日付ではライターの岡崎武志氏が「いだてん」をベタ褒めしているから笑ってしまった。
美術や撮影などの演出が最高水準とか、クドカンの祝祭的脚本がいいとか。
どちらも外部ライターの筆によるものだが、赤旗の紙面を通して批評家の中でも「いだてん」の評価は真っ二つなんだなという動向が分かり、野次馬的な面白みを感じた。

そうやって赤旗が大河ドラマを上げたり下げたりしている間に、皆さんご存じのように「いだてん」出演中のピエール瀧がクスリで逮捕されてしまった。
まあワイドショーメディアと違って、赤旗はその手のスキャンダルを必要以上に報じないだろうが。
ともあれ、赤旗の今後の「いだてん」へのアプローチには目が離せない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック