再び森喜朗

舌の根の乾かぬうちに…とは、よく言ったものである。 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の元会長・森喜朗氏がまた女性を侮辱した。 東京新聞の記事はこちら。→ https://www.tokyo-np.co.jp/article/94020 こないだの「女性は話が長い」うんたらかんたらよりは、より具体的な相手に向けた発言である。 自民党・河村建夫衆院議員のパーティーで、森氏は彼の秘書である女性をベテランという理由で「女性というには、あまりにもお年」と言った。 石原慎太郎かよ。 そんな話を聞くと、森さんも男性というにはあまりにもお年ですよねと言いたくなってしまう。 森氏は河村氏の議員室の前を通ると、その女性秘書から「森さん、ちょっといらっしゃい」と呼び止められ「ああだこうだ」と注意を受けたらしい。 この経験があったから森氏は「女性は話が長い」と言ったのかね、と邪推の一つもしてしまう。 だからといって当然ながら女性議員に責任はなく、森氏が陰険だねって話になるが。 いずれにせよ国民の一人としてうんざりさせられたので、自民党は森氏を処分してほしい。 ないものねだりだろうが。

続きを読む

東北新社とジャパンライフ

菅義偉首相の息子さんが東北新社とよろしくズブッていたという件での、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」8日付記事。 URLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2021-02-08/2021020802_03_1.html 菅首相は通常国会にて息子氏とは「別人格」だと無関係を強調していたが、上記の赤旗記事の最後の一文でこうある。 しかし、長男は首相が総務相時代、総務大臣秘書官を務め、今は創業者親子が首相に献金するなど関係の深い企業に勤務しています。 大臣である父親の秘書官を息子が務める。 この関係ってどっかで聞いたことあるなと思えば、それこそ首相の前任者である安倍晋三氏だ。 あの人、おとっつあんの晋太郎氏が外務大臣やっていたとき秘書を担当していましたね。 ほんで父親について訪米した際、一緒のメンバーにいたのが当時のジャパンライフ会長。 晋三氏とジャパンライフ会長は、その後「桜を見る会」まで長く続く関係をお持ちでしたな。 いやあ、菅首相の息子氏と東北新社の関係にそっくりだわ。 しかしあれだな。 世襲政治家でない点は菅首相が安倍晋三氏と違うというアピールポイントだったと思うが、少し調べれば「そういう点」まで継承していたというね。 まあ自民党所属すっとね。 朱に交われば…てやつでしょうか。 とりあえず菅首相を「たたき上げ」だと持ち上げたメディアは悔い改めてください。

続きを読む

『政治家の覚悟』て本でごっそり「前言撤回」する菅首相

菅義偉首相が2012年に刊行した著書『政治家の覚悟』の新書版が、きょう20日発売らしい。 新書版刊行に際して、公文書について書いた部分を章ごとごっそり削除したという。 その件を取り上げた毎日新聞の記事はこちら。→ https://mainichi.jp/articles/20201019/k00/00m/040/269000c 「毎日」は記事中でこのように触れている。 菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを批判し、「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」などと断じていた。 いやあ、みごとな超特大ブーメランですね。 削除したところで、自身が公文書の重要性を説いた事実は変わらないだろうに。 こんな芸当をする政治家が口にする「覚悟」ってのは、まあろくなもんでないだろう。 自分の発言に責任を持つ「覚悟」は全くなく、学術会議の件みたく気に入らない人間を排除する「覚悟」におのれの権力を全振り、みたいな。 そんなわけで、こういう首相が居座る政権を次の総選挙でさっさと終わらせてしまおう。

続きを読む

杉田発言を口頭注意で収める下村博文氏の過去

少し更新をさぼってしまって申し訳ないが、前回の記事の続きみたいなものである。 前回記事はこちら。→ https://standingah19.at.webry.info/202009/article_7.html 自民党の杉田水脈衆院議員の暴言には燎原(りょうげん)の火の如く怒りが広がっている。 「しんぶん赤旗」9月30日付は婦団連の抗議行動を報じた。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-30/2020093005_01_1.html 杉田氏の議員辞職を求める署名も10万人以上集まったという。 その怒りの行動をあざ笑うかのような挙に出たのが、自民党政調会長の下村博文衆院議員。 何と口頭注意ですませた。 処分ですらない。 時事通信の記事はこちら。→ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020093001108&g=pol ここで思い出すべきは、下村氏の過去の言動であろう。 2年前、テレビ朝日女性記者に対する福田財務事務次官のセクハラ事件。 下村氏がこの件でこう暴言を吐いたことを当時の「しんぶん赤旗」が報じていた。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-23/2018042301_03_1.html 以下は記事の全文である。 自民党の下村博文元文科相(衆院議員)は22日、都内で行われた講演会で、福田淳一財務事務次官によるテレビ…

続きを読む

菅首相には杉田氏を議員辞職させる「仕事」をぜひ

自民党の杉田水脈衆院議員が暴言を吐いた。 性被害についての会議で「女性はいくらでもうそをつく」てやつ。 共同通信の記事はこちら。→ https://news.yahoo.co.jp/articles/22f05ed506f499a6a1961c874ce090d4cf61febd 氏の暴言と言えばLGBTへの「生産性がない」が有名だが、日本軍「慰安婦」をはじめとしたジェンダー研究にも誹謗中傷を浴びせ、名誉棄損で訴えられてもいる。 裁判の口頭弁論を伝えた「しんぶん赤旗」の記事は、こちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-12-15/2019121515_02_1.html 杉田氏は伊藤詩織氏からも訴えられているよね。 杉田氏の今回の暴言てのは自身が複数の件で訴えられた言動と地続きなものであり、またおのれのこれまでの発言の何が問題か分かっていないことの表れだと思う。 日本共産党政策委員長の田村智子氏は記者会見で、杉田氏に「怒りを抑えられない」とまで憤った。 てわけで、自身の内閣を「仕事人」に例える菅義偉首相におかれましては、ぜひとも自民党総裁として責任を持って杉田氏を議員辞職させるという「仕事」を遂行してほしい。

続きを読む

赤旗日曜版スクープ、安保法制と米国の秘密公電

菅義偉内閣発足にぶつけたわけではないだろうが、JCJ大賞を受賞した「しんぶん赤旗」日曜版が、さっそくスクープを飛ばした。 9月20日号のトップで、安倍政権が安保法制を強行した2015年9月、在日米大使館が本国に伝えた秘密公電5件の内容について、一部非開示ではあるが暴露している。 なおスクープにあたり、twitterで「共産党のスパイが公文書を盗み出した」と決めつけるアカウントがいたが、それは違う。 記事の冒頭に説明があり、赤旗編集部が米国の情報自由法を活用して開示請求をかけたものが開示された。 いわゆる正攻法で得た資料である。 生き恥をさらしたアカウントは米国に抗議するのが筋だと思うが、そんな度胸は彼にはないでしょうね。 公電の内容は、14年に従来の集団的自衛権の憲法解釈を閣議決定や、15年の強行成立について米側が「日本の軍隊は特定の条件のもとで同盟国への攻撃に対処することが認められる」「歴史的偉業」と評価。 ”米国の戦争に役立つようになった”と賞賛している。 それにしても、あの安保法制の議論から5年以上がたつのか。 当時の安倍首相は、ニュース番組に出て「生肉」とネット上で言われた模型を活用して安保法制を正当化しとったなあ。 その当時から「しんぶん赤旗」はじめ心あるメディアや識者は「米国の戦争に日本の自衛隊を駆り出すもの」、まさに「戦争する国」にするための法案だと安保法制を批判していた。 その批判の正しさが、安倍政権を飼いならした米国自身の言で証明されたと言ってよかろ…

続きを読む

改めて菅氏ってしょぼくれたオッサンやな

自民党の新総裁が大方の予想通り、菅義偉氏に決まった。 おそらく国会の首相指名選挙で新首相に選出される。 14日午後6時の記者会見。 私は居残った職場のテレビで見ていたのだが、あらためて菅氏ってしょぼくれたオッサンやなーと思った。 顔つきは暗いし、口調はたどたどしい。 実際にこの人の街頭演説を生で聞いたことがある。 たいていの国会議員なら党派問わずに、演説ではここが盛り上がるポイントですよ」ってところで力を込めて訴えるのだが、菅氏にはそういう強弱の引き出しも1回聞いた限りでは、なかった。 普段テレビを見ない生活をしているが、よっぽど総裁選報道でゲタを履かしてもらったのだろうな。 私は反自公政権のスタンスを取り続けている人間だが、その立場から見ても「この人を総裁(首相)にして、自民党は解散・総選挙勝つつもりあるんかね」と不安になってくる。 会見の調子で選挙演説しても、周りの候補者やスタッフは士気が上がらんのと違うか。 まさか選挙カーの上でパンケーキを食うわけにもいかないだろう。 ただし自民党の選挙での組織力はダントツレベル。 頭が誰であれ、マスコミに「野党がだらしない」とでも書かせれば十分圧勝できると踏んでいてもおかしくはない。 当然そうはさせない。 市民と野党の共闘の進化で、安倍政治の継承にはきちんと総選挙でノーを叩き込ませてもらう。 安倍晋三氏もろとも、菅氏には国会の表舞台から転げ落ちていただこう。

続きを読む

安倍首相が7年8カ月の政権期間でやった「いいこと」

病気で正常な判断ができなくなったとか辞任会見で言っていた安倍首相が、しれっと敵基地攻撃能力の具体化を与党自民党幹部に申し送りしたという。 なるほど確かに正常な判断はできないようだ。 だから首相を退くと言ったのだから、憲法破壊の暴言をやるなよと。 やるなら国会を開いて、野党のド詰めを受けてもらおう。 安倍首相に「お疲れさま」を言うべきとかしょうもない話を前回の記事で書いたが、その変形バージョンで「安倍首相の悪いところばかり言っていないで、良かったところも語れ」てな物言いを見かけた。 知らんがな。 小学生でももう少しレベルの高い話をするんでないかね…とため息をつくが、確かに安倍首相がいいことをしたってのを2件思い出した。 1件目は共産党書記局長の小池晃が「#KuToo」を取り上げた3月の国会質問。 「しんぶん赤旗」の該当記事はこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-03-04/2020030401_02_1.html 女性が職場の服装でパンプスやヒールを履くのを強制されるような実態に「苦痛を強いるような、合理性を欠くルールを女性に強いることは許されない」と答弁したんだよね。 これは質問した側である小池が「ちょっと感動した」て後で語ったくらいインパクトあったな。 後日、日本航空が女性社員にパンプスを強要する規定を改める画期的な変化も生まれた。 2件目は6月、これも共産党の副委員長である田村智子の国会質問で。 「し…

続きを読む

安倍氏に「お疲れさま」はまだ早かろう

28日、安倍晋三氏が首相の辞任を表明した。 病気については回復を願うが、先の通常国会で検察庁法改定案が市民の声で廃案に追い込まれた。 このこと自体が安倍首相にとって、首相を続けるモチベーションが下がり切ってしまったんだろうなとみている。 あとはtwitter(@sledgekawasaki)でも書いたことだが、こちらでも。 安倍首相に「お疲れさま」を言うべきだのなんだのという件。 私は、今は言わんでええやろという立場である。 安倍氏は首相を持しても国会議員を続けるという。 彼は首相時代、当事者として多くの事件にかかわってきた。 森友学園、加計学園、桜を見る会、河井事件、ジャパンライフ、よつばホールディングス。 今後、安倍氏は国会の場でこれらの事件の全容解明に責任を果たさねばならない。 「桜を見る会」の問題で安倍氏は公職選挙法違反、政治資金規正法違反の疑いがかかっている。 もしクロとなれば当然、議員を持して司法のもとに裁かれなければならない。 安倍氏がそういう状態になってから「お疲れさま」を言っても、何ら遅くはないだろう。

続きを読む

そういや共産党の山下芳生はある意味「復帰」したよな

他人の病気(病歴)を揶揄するつもりはないので、安倍首相の体調に関する報道についてあれこれ書く気はしない。 ただ一つ思い出したことがある。 日本共産党の山下芳生副委員長のことだ。 山下氏は6年前に開かれた第26回党大会で書記局長に選出された。 しかし2年後、病気を理由に書記局長の任を解いて副委員長のポストに回った(新たに書記局長に就いたのは小池晃氏)。 そのことを書いた山下氏のブログの記事はこちら。→ https://www.yamashita-yoshiki.jp/column/column/1460381247.html 山下氏は当時、15年もの間、慢性の腎臓病を患っていた。 その症状が悪化し、透析の手前の状態に来たため志位和夫委員長とも相談し、書記局長を降りたという。 それから4年。 今年1月に開かれた第28回党大会で、山下氏は副委員長を続投することになった。 注目するのは、党大会では山下氏が書記局長と同等の役割を担って活動することがアナウンスされた。 小池氏とのダブル書記局長体制ってところか。 山下氏は事実上の「書記局長復帰」と言っても良いのではないか。 4年間、治療に専念できてかなり回復できたのだろうな。 そんなことを考えてみると、今の自民党って一体何なんだろうなと思わされる。 安倍首相は28日に体調の件を含めて記者会見するようだ。 体が深刻なようなら党三役ときっちり話し合いして、首相を降ろさせてもらって治療に専念しなさいよ。 そう私は言い…

続きを読む

東京都医師会の尾崎会長が赤旗日曜版で語ったこと

新型コロナウイルス感染症対応のため「早く国会を開くべきだ」と先日の会見で訴え、一躍大ブレイク(という言い方もなんだが)を果たした東京都医師会の尾崎治夫会長。 この尾崎会長は、会見と時期を同じくして日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版の8月2日号にインタビュー出演を果たしていた。 赤旗日曜版にて、感染防止のための統一したルール・指針を国がリードしてつくる、新型コロナ感染症専門病院を設置し、その役割を公立・公的病院が担う…などを尾崎会長は提案。 おそらく冒頭に紹介したマスコミ会見と内容はいくらか重複しているだろうが、私は尾崎会長が「新自由主義」を公然と批判したことに驚いた。 以下の赤字は赤旗日曜版記事の引用。 「コロナ禍は、すべてを市場原理、競争原理に任せる新自由主義的な政策の問題点をあぶりだしました」 「経済効率優先では医療を担う人を育てることができません。やはり新自由主義ではダメです」 「医療は財政面を含めて国がしっかり支えるべきです。自民党内でもそう考えている人たちがいます」 先に紹介したマスコミ会見以降に出回ってきた情報によると、尾崎会長は自民党員を公言しているらしいね。 自民党にとって大票田である医師会の幹部となるとたいていは自民党員だろうと思うが、そんな立場の尾崎会長が公然と、自民党の事実上の「党是」に等しい新自由主義の推進に「ダメだ」と待ったをかけた。 自民党員たる尾崎会長が、自民党にとって不倶戴天(ふぐたいてん)の敵である共産党の機関紙でそう語った。…

続きを読む

日本共産党創立98周年を前に

6日後に日本共産党は創立98周年の記念日を迎える。 非常に感慨深い。 私が共産党の人たちと交流を深めるようになったのは大学入学後のことで、当時、共産党は創立70年を超えたことを誇らしげに宣伝していた。 一方、当時は新党ブームで非自民連立政権が誕生し、日本共産党はソ連崩壊で党運営にとばっちりの大打撃を受けていた上、国会でも非自民の与党と野党自民党の論戦から疎外される不当な扱いを受けてきた。 当時を思えば、共産党の立場はずいぶんに向上したと思う。 なんだかだで、5年前の安保法制の強行採決を機に共産党委員長の志位和夫が安倍政権を倒すという一致点での野党共闘を提唱し、多数の市民の協力で形作られてきた。 2017年の総選挙直前、あの希望の党騒動があっても「見返りは民主主義」と宣言し、自党の議席を減らしても共産党は市民と野党の共闘を今日まで継続させてきた。 いまだに安倍政権打倒の目標は道半ばだが、与党側に嘲笑されても共産党が市民と野党の共闘を維持してきたのは画期的だと思う。 15日の党創立記念日には、オンラインを活用した志位委員長の記念講演が行われる。 志位はコロナ後の社会を講演のテーマに据えるらしい。 自公維の連中に嘲笑されながらも野党共闘を維持するため奮闘してきたことはもっと誇っていいはずだが、それでも「コロナ後の社会」を展望し、市民に羅針盤を示すあたりが日本共産党らしいと言えるだろうか。 ぜひとも、記念講演会当日は一人でも多く視聴してほしいと思っている。

続きを読む

#わたしは伊藤詩織氏を支援します

「しんぶん赤旗」9日付の社会面にて、性被害を受けたジャーナリストの伊藤詩織氏が漫画家はすみとしこ氏ら3人を提訴すると発表した記者会見の記事が掲載された。 記事のURLはこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-09/2020060914_01_1.html 伊藤氏は民事において、自身への性加害を行った山口敬之氏を相手取った裁判を行っている最中である。 山口氏相手の裁判は地裁で勝利したが、まだ係争中。 この裁判と並行して伊藤氏は、はすみ氏らを相手取り裁判を行うのだから身体的、精神的負担は私たちの想像を絶するものであろう。 しかもそれらに加え、ネット上で伊藤氏への卑劣な誹謗中傷の書き込み約70万件を精査して提訴を検討するという。 こうした伊藤氏のたたかいに、私も微力ながら力になりたいと思う次第である。 しかしSNS上での誹謗中傷というと、思い出されるのはリアリティーショー番組「テラスハウス」出演者だったプロレスラー・木村花選手の件である。 木村選手の自殺の件を受け、与党自民党は三原じゅん子参院議員がプロジェクトチームの長となり早急な法整備への議論を進めているという。 それ自体に異論は何らないが、伊藤氏がSNSでの誹謗中傷への提訴を検討する会見をした。 まあ伊藤氏の会見を機に、さらにSNSでの誹謗中傷の規制への論議が充実すると思いたいところだが。 twitterでも紹介されているが、過去に多人数で伊藤氏の性被害を笑い…

続きを読む

さて安倍内閣支持率を森喜朗並みにしよう

きのう23日、首都東京都の新型コロナウイルス新規感染者数は2人と報じられた。 日曜月曜あたりで「1日の感染者数ゼロ」を達成し、首都圏も緊急事態宣言解除という動きがみられるかもしれない。 そうなれば安倍首相もドヤ顔をしたくなるだろうが、そこへ冷水を思い切りぶっかけたのが毎日新聞の報道である。→ https://mainichi.jp/articles/20200523/k00/00m/010/178000c 同紙の調査で最新の内閣支持率がはじき出されたが、その数字は27%。 2017年7月の26%と同水準である。 当時と言えば東京都議選があって、自民党がボロ負けして安倍首相が会見もせずに逃亡していたよなあ。 あれから約3年たつのか、首相の座に居座りすぎだろアイツ。 注目すべきは「支持しない」と答えた割合が64%だったことだな。 3分の2近くが安倍政権を拒否っているてのは、検察庁法改定案関係でやらかしたといえすごい数字だと思う。 さらに刮目(かつもく)すべきは各政党の支持率。 議席第1党の自民党は34%から25%へ9ポイント減らした。 同じ与党の公明党も5%→4%と下落。 見逃せないのは、この間、在阪マスコミが総出で持ち上げまくった日本維新の会が11%と横ばいに。 その間隙(かんげき)を縫うかのように立憲民主党は9%→12%と押し上げ野党第一党の支持率を獲得。 そして日本共産党が5%→7%へ上昇した。 私の記憶では「毎日」レベルの大手紙で共産党の支持率が7%まで上…

続きを読む

自民党には立憲高井衆院議員を叩く資格1ミリもないのよね

『週刊文春』がすっぱ抜いたニュース。 立憲民主党の衆院議員・高井崇志氏は緊急事態宣言を発表して間もない東京都内の風俗店に通ったというお話。 URLはこちら。→ https://bunshun.jp/articles/-/37234 個人的には、高井氏は衆院議員を辞職すべきだと断固として考える。 もし私の支持する日本共産党議員でそんな振る舞いをする人物がいたら、そらブチギレするし、私の何千倍、何万倍も怒り心頭に発する市民がごまんといるだろう。 それを踏まえてだ。 与党たる自民党には、高井議員を責める資格など毛ほどもありませんよと言いたい。 自民党のかつての衆院議員には、不起訴となったが準強姦容疑にかけられた田畑毅って人がいたからな。 高井氏と同じように、週刊誌に準強姦疑惑をすっぱ抜かれた田畑氏に対して、自民党は離党届の受理だけですませた。 その件に、当時の共産党政策委員長である笠井亮衆院議員は国会で糾弾した。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-02-23/2019022302_05_1.html 自民党の対応には批判が多かったのか、田畑氏は2019年3月に議員を辞職している。 繰り返すが、立憲の高井氏は衆院議員を辞職してしかるべきだとみている。 自民党は小躍りしているだろうが、そもそもあなた方に彼を責める資格は1ミリもない。 そのことを記事では強調しておきたい。

続きを読む

マスク2枚

NHKのニュース。 布マスク2枚。 これはあれかね。 和牛券やお魚券を国民にさんざんケチつけられた意趣返しか何かですか? 配ってくれるならもらうけどね、配布にかなり金がかかることになるんじゃないの。 その分、コンビニとかでマスクを楽に買えるくらい増産に力を入れてほしいんだがね。 わざわざ安倍首相は「布マスクは洗って再使用できる」と強調しているのな。 「これ以上はマスクに金かけませんからね」と言っているようにも思える。 結局「自粛と補償はセットで」という国民的要求にもなしのつぶてだし、感染拡大に意地でも金をつぎ込まんぞという強い意志を感じてしまう。 そもそも本年度予算で、新型コロナウイルス対策の予算は1円も組まれてないんだからな。 つくづく、感染拡大で犠牲者を出さないためには安倍晋三に首相も議員も辞めてもらうのが一番話が早いと思えてきた。 そうすれば野党も、森友・加計・桜の追及に力を割かずにすんでコロナ対策の提案をバンバンできるからね。 与党の皆さん、ぜひご検討を。

続きを読む

「だったら結婚しなくていい」

通常国会での国民民主党・玉木雄一郎氏の代表質問にて、夫婦別姓問題について問うた際に見出しのようなヤジが飛んだらしい。 玉木氏によると、ヤジは自民党席の女性議員が発したものだという。 このブログでは玉木氏にいろいろツッコミを入れることが多いが、この件に関してはGJと言わざるを得ない。 よく聞き分けていたなという点で。 ヤジを報じたFNNの記事はこちら。→ https://www.fnn.jp/posts/00430805CX/202001221917_CX_CX 声の主は杉田水脈衆院議員と、複数の証言があるという。 またあいつか。 この話を最初に聞いたときはツイートで「有力」と書いたけど、記事中では事務所に聞いたら「確認中」だって。 じゃクロだな。 違うなら「事実無根だ」くらいは言いそうだし。 まあヤジとは別に杉田のこれまでの姿勢ってのは、いつかの党首討論番組で夫婦別姓に「×」をつけた安倍晋三のトレースにすぎない。 「結婚しなくていい」のヤジは、安倍の心の中の発言と言ってよかろう。 桜にカジノと問題山積で、ジェンダーも世界から異常に立ち遅れている安倍政権には、この通常国会でトドメを刺してやりましょうや。

続きを読む

さて日本共産党第28回党大会が始まる

さて日付が1月14日となった。 昼になれば日本共産党の第28回大会が熱海で開かれる。 共産党は今年で創立98周年。 連休は成人式が各地で行われたが、新成人のほぼ5倍の年月を活動してきたわけやね。 党大会の各報告は共産党公式サイトの特集ページでリアルタイム視聴ができる。 https://www.jcp.or.jp/web_info/2020-28th-congress.html まあ私のブログを経由して視聴しようって奇特な方はまず、いないであろうが。 共産党大会の日程てのは、今大会もそうだがだいたい4日間ある。 前回(2017年)、あるANTIFAアカウントにそのことを教えると「合宿かよ」と驚いていたのを思い出す。 せいぜい半日の開催で、安倍晋三のいつものイキリしゃべり以外は今井絵理子が君が代歌ったくらいしかニュースにならん自民党のシャンシャン大会とはわけが違うってことだ。 ぜひとも「共産党大会」がtwitterのトレンドワードになるくらい、大会の熱気がネットの隅々まで伝わればと願う。

続きを読む

世耕氏がテレ朝を謝罪させてドヤっているが…

自民党の世耕弘成氏が「報道ステーション」に「印象操作した」つってネチネチ絡み、テレビ朝日上層部に謝罪させた件ね。 この人があまりに自信満々に抗議するので、俺は「テレ朝が足元すくわれるような報じ方したのかね」と最初は思っていた。 そんで世耕氏が「これが印象操作だ」つって「報ステ」の映像をtwitterにアップしていたので見てみた。 そしたらもう映像の冒頭で世耕氏、桜を見る会で首相は「説明は十分に果たした」てな感じのことつってるじゃん。 もしその後に世耕氏がこういう発言をしていて、それが使われなかったから「印象操作だ」と怒るなら分かる。 「ただし真相究明を求める世論は依然大きい。桜を見る会の問題は年越しさせないよう、年内の国会の閉会中審査で改めて説明するよう私が首相を説得する」 しかしどうやらそんな趣旨の発言はしていないもよう。 万が一していたら世耕氏がtwitterで即座に暴露しているわね。 だから俺は世耕氏の「印象操作だ」て言ったことそのものが「報ステ」とテレ朝に対する「印象操作」だとみている。 あともう一つ世耕氏がほざいている「会見終了後の映像を使った」ことへの文句は単なるイチャモンであり「甘えるなよ」と言うしかない。 緩み切った大笑いをしたけりゃ控室に戻ってからやれよと。

続きを読む

「桜を見る会」見直しするなら安倍首相を…

日本共産党副委員長で参院議員の田村智子が予算委員会で質問してから時間差こそあったが、ついに燎原(りょうげん)の火の如く「桜を見る会」の問題がマスコミでも取り上げられている。 田村質問では答弁を事実上回避してやりすごそうとした安倍政権だが、さすがに事態を重く見たのか菅義偉官房長官が「桜を見る会」の開催方針見直しを検討すると発表した。 時事通信の報道はこちら。→ https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111200868&g=pol しかし見直しと言っても、田村が質問で言っていたよね。 閣僚2人の辞任など、安倍政権におけるモラルハザードは安倍晋三首相自身が起こしていると。 それだったら安倍氏を首相も議員も辞めさすことが「見直し」なんじゃないの菅さん。 もともと森友問題で辞めるの確定だったお人であるし。 また鳩山由紀夫(現在は友紀夫)政権時代にも「桜を見る会」に鳩山氏の後援会が呼ばれていたとのことで、安倍政権支持者が吹き上がっているらしい。 まあ後援会員の数は、ケタ違いで安倍晋三の方が多いだろう。 さんざん「悪夢の民主党政権」とほざいていた安倍首相自身が鳩山氏以上にやらかしたのだから、安倍政権支持者はきちんと責任を取っていただければ幸いである。 個人的には鳩山氏に私は何の思い入れもないので、安倍氏と2人そろってブタ箱へ直行いただいて何ら差し支えはない。 ここまで書いて、ふとリクルート事件を思い出した。 あの事件で、リクルートと株のや…

続きを読む

議員も候補者も支援者も日当大好きやな自民党

河井克行法相が光の速さで大臣を辞めた原因となった、妻の河井案里参院議員(自民党、広島選挙区)に関する疑惑の問題。 もともと『週刊文春』が取り上げた特ダネで、10月31日付の「しんぶん赤旗」が後追いで報じました。 記事はこちら。→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-31/2019103115_02_1.html 何でも参院選で、案里氏の陣営の選挙アナウンサーに法定以上の額の日当を出していたらしい。 「しんぶん赤旗」ではこう紹介されています。 「選挙カーのアナウンサーの報酬上限は公選法で1日1万5000円とされていますが、同誌によると案里氏の選挙事務所は1日3万円を支給した疑いがあります。自民党県連関係者の証言として、アナウンサー側からの領収書を各2枚に分け、その一方を選挙管理委員会への提出用としていたと報じています」 いやあ、生々しいねえ。 日当と言えば、自民党を熱狂的に支持しておられるネトウヨの皆さんが左派を「日当もらって運動している」とよくおっしゃっています。 共産党の選挙活動に協力している者からすると、アナウンサーなんて当然無報酬でやるものとずっと思っていましたが。 実際は自民党の方で多額の日当を配っていて、また支援する皆さんも受け取っていたとは、いやはや…。 しかしtwitterを眺めると、この日当疑惑が野党で行われていたら口をきわめて批判しそうなアカウントが「上限の1万5000円は少なすぎる、3万円は…

続きを読む

自民党ってしょうもねえ連中ばっかだな

河野太郎の雨男発言。 謝罪はしたが撤回はしない、という朝日新聞のニュース記事。→ https://www.asahi.com/articles/ASMBY3J8QMBYUTFK003.html 今一度思い出すのは、この河野も数年前までは「脱原発」のキャラクターで左派・リベラルのネットユーザーにウケが良かったというね。 外相時代の韓国・北朝鮮への敵意を煽る言動(韓国の担当官をマスコミの前でなじるとかね)も含め、こういう雨男発言こそが河野の本性であり、彼を閣僚として重用する安倍政権と自民党の本質と言えよう。 しかし上記の朝日記事では、ろくでもない人物ばかり出てきて思わず笑った。 安倍晋三、菅義偉、二階俊博、小泉進次郎。 特に「まずまず」発言の二階はしれっと河野のことを言う資格などないぞ。

続きを読む

責任を取れないなら辞めてください

メロンだとかカニとか香典とかが明るみに出て「こら公選法違反でねーの」ときな臭い自民党衆院議員の菅原一秀経産相が、説明をすることなく大臣の職を辞した。 辞職は当然。 国会をサボって女性とハワイでゴルフ三昧をするような菅原など、しょせん大臣の器ではない。 しかし予想はある程度していたが、国会議員までは辞めるつもりがないもよう。 税金で無駄飯食らいの恥さらしめ。 安倍晋三は彼を大臣に任命した首相として、そして自民党総裁としてきっちりと菅原から議員バッジを取り上げ、また党から除名すべきである。 しかし安倍は「責任は私にある」と言うだけ。 それ何回目だ。 もううんざりなので、責任を取るつもりがないなら首相も議員も辞めてもらおう。 菅原と一緒に。 森友事件のときに、彼はそう国会で答弁しているからな。 約束は守ってもらおう。

続きを読む

まあ自民党二階俊博ってのは災害対策を取り仕切る器でないということ

自民党幹事長の二階俊博が台風19号被害の規模を「まずまず」とほざきおった。 本当、口を閉じろとしか言いようがない。 呆れる。 時事の記事がこちら。→ https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101300411&g=pol この発言の後、二階はこう取り繕ったという。 「日本がひっくり返るような災害から比べれば、という意味だ」 日本がひっくり返るような災害、てどんな被害規模なの。 人口の半分が死者・行方不明になるレベルとかかね。 こいつが適当に言っているだけだから考えるだけムダだが。 とにかく台風19号被害の全容はいまだ明らかになっていない。 現場の苦労を忘れて自画自賛に走る暇があるなら現地へ行けよ。 まあ幹事長辞めた方が話早いわ。 こいつは器じゃない。

続きを読む

自民党の井野俊郎が力不足だった件

10日の衆院予算委員会。 自民党の井野俊郎衆院議員が、やおらに「共産党は改憲派」と言いだした件。 これに共産党の機関紙「しんぶん赤旗」11日付2面のコラム「国会発」では「暴論」とバッサリやった。 共産党は綱領で「現行憲法の前文をふくむ全条項」を守ると言っているわけだから当然なわけだが、井野がアホなのはおのれが所属する自民党を「第1章天皇制についていえば、おそらく自民党は護憲派」とやってしまったところだ。 2012年に取りまとめた自民党改憲草案で「天皇は日本国の元首」と書いておる。 「しんぶん赤旗」では「天皇制についても、自民党は改憲派そのもの」と明快だ。 井野は自分の党の改憲草案で、しかも自民党にとっては改憲部分の勘所の一つであろう「元首」部分を見落としたまま国会で質問した。 自分の党の方針すら把握していない質問は半永久的に議事録に記録されるわけで、井野は生き恥をさらしてしまいましたなあと。 ほんで予算委員長の棚橋泰文氏(自民党)からも「発言には十分注意してほしい」と言われる始末。 まああれだよ、井野俊郎さん。 あなたは国会議員の器じゃなかったってことだな。

続きを読む

あの人にも議員を辞めてもらうのが筋だわな

岡山・総社市の日本共産党市議が議会をサボって旅行に行き、ごまかすために文書の偽造も行っていた件。 共産党は彼に辞職勧告し、本人も辞職の意向を示した。 当然のことである。 市民に対する明確な裏切り行為であり、到底許し難い。 おそらく党内でも重い処分を下されると思うけどね。 この腹立たしい話をきっかけに、あることを思い出した。 そういや国会議員で同じような行動を取った人がいたな。 自民党の菅原一秀衆院議員。 彼は安倍改造内閣の経産大臣であるが、2013年に女性とハワイ旅行へ行っていたのが『週刊文春』に書かれていたなあ。 菅原氏は国会をサボってハワイでゴルフ三昧だったそうだが、政治活動してくっからと虚偽の申請をしていたんだよね。 当然ながら、私は菅原氏もやっているから共産党総社市議を許せと言っているわけではない。 その逆。 党委員長の志位和夫はじめ、多くの共産党議員、職員に怒りの声をぶつけている「普通の日本人」の皆さまに言いたい。 ぜひその憤りを国会をサボっても、それがバレても現在に至るまで国会議員を辞めようとしない菅原氏にぶつけてもらいたいのである。 まあ菅原氏はほかにもいろんな問題を抱えているけどね。

続きを読む

自民党石崎徹衆院議員が書類送検

この人の名前を聞くのは久々の気もするが。 元秘書に暴力を働いてケガさせたってことで、自民党の石崎徹衆院議員が書類送検された。 FNNのニュースはこちら。→ https://www.fnn.jp/posts/3470NST/201909251458_NST_NST 菅義偉官房長官は会見でこの件を質問されて、コメントを差し控えるとしつつも「一般論として」説明責任を果たすべき、てなことを述べたもよう。 今まで放置しておいてまだそれかよと思わんでもないが、石崎氏が説明責任を果たそうが果たすまいが、自民党はきっちりと議員辞職させるべきである。 北陸信越ブロックの比例選出なんだから次点候補の繰り上げですむし。 その次点候補が今やテレビタレントと化した金子恵美ってのがあれだけど。

続きを読む

環境大臣小泉進次郎をディスった?自民党小野田紀美氏

以前に「文通費」に関するツイートで取り上げた自民党の小野田紀美参院議員。 多くの人が承知だろうが、今回の台風被害に関してこんなツイートをしていた。 (小野田氏のtwitterから) このツイートには既に多数の批判が寄せられているが、現実は昨日に小野田氏の同僚である小泉進次郎環境大臣が現地調査しましたね。 神奈川県が地元の進次郎氏は、小野田氏にしてみれば「地元を知らない」議員の一人ですけど。 まあ「閣僚だからセーフ」とでも思っていそうだけどな彼女は。 ごまんと届いた批判によほど虫の居所が悪かったのか、小野田氏はこういう連続ツイートもしていた。 (同上) 1枚目のツイートだと「ブロックをやたらやっている他党議員がいる」という暴露に読める。 あなたの同僚の河野太郎防衛大臣(前外務大臣)がブロックやりまくっとるやないけ、とツッコみたくなったが、同様の声が多かったのか知らんが2枚目の画像で「自分が他党議員をブロックしている」などと弁明している。 俺は批判をかわすための方便だと思うが、本当に他党議員をブロックするならおまえ国会議員の資格ないよと言わざるを得ない。 しかし自民党に飼われているネトサポは、ひょっとして小野田氏の連続ツイートに「他党議員でブロックしているやつはけしからん!」→「小野田さんが他党議員をブロックするのは正しい!」という支離滅裂な反応をしているのかね。 絶対いそうだね。

続きを読む

自民党小野田紀美参院議員が文通費でこんなん言っていまっせ

自民党の小野田紀美参院議員が己のtwitter(@onoda_kimi)で、れいわ新選組の新国会議員に対して「議員特権」どうこうと口をはさんでいるが、その流れでこんな発言をしていた。 ツイートのリンク先はこちら。 画像も張っておこう。 (小野田氏のtwitterから) 「文通費」と言えばこの間、維新の「セルフ領収書」で日本共産党が問題点を指摘していたやつである。 参院選投票日だった7月21日付「しんぶん赤旗」でも、このような記事を出していた。 「しんぶん赤旗」記事にはこう書かれている。 その結果、「文通費」が、政党支部などの私的な政治活動や選挙活動などの「政治資金」として広く使われています。実際、「選挙費用」や「人件費」として使われており、これは文通費の流用にあたり、強い違法性を持ちます。 小野田氏はtwitterで文通費の流用を公言した。 しかも当の本人は「みんな」と書いている。 その文通費を流用する「みんな」とやらはどれくらいの数がいるのか。 ぜひとも今後の国会で明らかにしてほしいし、共産党および「しんぶん赤旗」には徹底的に暴露してほしいと思う。

続きを読む

元秘書を「数百発」殴ったという自民党石崎徹衆院議員

FNNのニュースはこちら。 たまに用事で新潟に行くのだが、新潟駅を降りるとちょこちょここいつのポスターが張ってあるのよ。 石崎徹は直近の2017年総選挙では、新潟1区で立憲民主党の西村智奈美に敗れるが、比例で復活。 なのでこいつが暴行の責任を取って議員辞職しても、自民党は比例の繰り上げ当選があるので党勢に影響はしない。 だから自民党はとっとと石崎を辞職さすのが得策なはずだが、のうのうと休養させている始末で。 とうに自民党の堕落ぶりは有権者の1人として身に染みているが、往生際の悪いこったね。 あとマスコミは石崎の今回の件で「魔の3回生」て見出しを付けて記事出すのはやめてほしい。 豊田真由子とか石崎とか、もともとそんな人間性に問題のある人物を国政候補に据える自民党の責任だろう。 今後衆院選を重ねて、2012年初当選の自民党の連中が問題を起こすたんびに「魔の4回生」「5回生」「6回生」「7回生」…と報じていったら、さすがにマスコミも読者・視聴者も「あれ?自民党自体に問題があるんじゃね??」となるんだろうか。 そうはならないよう、次の総選挙では壊滅的なまでに自公維の議席を減らす必要があるということだが。

続きを読む